忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



いまさらながら『きことわ』を読みました。

この本や『苦役列車』は図書館でずっと予約待ちになっているのですが、
文藝春秋の3月号であればすぐ借りられます。
しかも当該号であれば、二作品とも読めます。
なので、私は3月号を借りてきました。

以下、率直な印象を思いつくままに書きます。
私が率直な意見を書いても、
誰も痛くもかゆくもないと思うので。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一読してまず感じたのが、一体誰のための小説だろう、
一体いつの時代の小説だろう、
ということです。
舞台は葉山とか逗子で、その舞台設定からして、
もうすでに彼女の出自を表現していると言える。

どちらがいいとは決して言い切れないけれども、
西村さんの世界と比べると、あまりに対照的で、
且つ狭い。

『斜陽』の廉価版みたいな世界観で、
彼女が提示している世界に対して、まるで親近感がわかない。
悪意のある言い方をすれば、
どこぞの、のんびりと研究に専心しながら生きてきた、
ご両親も優れた文学者である、
ある処女作家の妄想に過ぎない。
どこの金持ちの話なんだと思う。

この小説にはリアリズムが欠片もない。

確かに、小説とは、
経験豊富な人ほどいい小説が書ける、ということではない。
仮にそうであるなら、年寄りのほうが、
なべて佳い小説を書けるということになるから。
しかしながらその一方で、私たちは作家の経験も含め、
作家の作品の一部として「読み」、
作品の魅力を強化する。

経験は説得力であり、あることを語る権利です。

そういう意味では、西村さんの場合というか、
太宰治を頂点とする「私小説」書きの場合、
逆にその私生活上経験したことの、
語る権利に頼りすぎている傾向はあると思う。
まあそれは今回は置いておいて。

経験豊富である必要は全くないのです。
しかしながら、核となるような、なにがしかの、
その人にとっての重要な「経験」は、私は必要だと思う。

『きことわ』は読んでいて、
朝吹さんが書かざるを得ない、その必然性を全く感じない。
どういった読者を想定しているのか、全くわからない。
どうでもいい小さなことを、ちょんちょん突いているだけで、
とても小さな悩みを、やけに大事みたいに扱っている、
はっきり言えば作家それ自体の小ささの証左以外のなにものでもない。

なるほど、
確かに私も上手いな、と思う点はところどころあります。
とりわけ、料理の描写は優れていて、
味覚に訴えかけてくるものは少なくない。

しかし、それが一体なんなのか?
選評を読んでさらにがっかりなのですが、
それがプルーストを想起するとかしないとか、
そんなのは関係ない。
失われた時間がどうとか、そんなのはどうでもいい。

作家が書いた作品である限り、
なにかしらの必然性を感じさせる作品であり、
そしてなおかつ、
現代という時代にどこか関わっている作品でないといけないと、
私は考えています。
別に、私は社会にコミットしろとか、
そういうことを言っているのでは全くない。

貴重な紙面を割いて載せるべき作品である限り、
現代の読者を想定して書け、と言っているのです。

こんなガラス玉遊戯は必要ない。
それに、
あえて彼女の表現で言う必要のないことを書いていると思う。
なぜかというに、彼女が言いたいことは、
万人が万人の言葉で既知すぎることに過ぎないからです。

いま、このことを作品として主張することに、
一体どういう意味があるのか。
一瞬という時に、様々な時間の層が折り重なって、
混じり合い…
ということに、集中できる人が一体どれほどいるのか。

私はあえて言うけれども、
こんな小説で芥川賞をとってしまった朝吹さんが、
少しかわいそうですらある。

一貫して、朝吹さんによる朝吹さんの文脈を全く出ない、
すなわち山もない谷もない、朝吹さん以外の要素が一つもない、
失敗も挫折も感じさせない、とても退屈な作品です。

確かに描写は優れていると思う。

けれども、たった一つの法則の中でしか、
生きて来られなかった彼女の単調な出自が、
残念ながら明瞭すぎるほど顕わとなっている。

お薦めできない作品でした。

PR


安部公房は私が最も好きな作家であり、
最も影響を受けた作家でもあります。

思えば、高校時代に『赤い繭』に出会ったことがきっかけで、
安部公房を読みあさり、新潮文庫版はすべて揃えました。
私が文学に入っていくきっかけは、安部公房であったと断言できます。

本作も、すでに4回は読んだと思います。
しかし、内容の多くを忘れてしまったため、図書館で借りてきました。
私は、前に一度読んだ本については図書館で借りるようにしています。


さて、『密会』
『砂の女』ほどのスリリングさはありませんが、
第一に思ったのは、
今になってもアクチュアリティーを全く失っていないということ。
というか今こそ必要な本であるということ。
第二に、安部公房のテーマは、
ある程度同じテーマを常に追求しているということ。

ランダムに挙げてみると、
『砂の女』、『箱男』、『燃えつきた地図』、
『他人の顔』、『壁』など。
どれも似ているのですね。
もちろん、似ているけれど作品内の重心がそれぞれ違う。

よく同年代の三島と対比されるけれども、
安部公房と三島由紀夫は全く違う巨匠ですね。
河出から出ている、二人の対談などは、
たぶん10回以上は読んだ。
ある意味ライバル関係にあった二人。
安部公房、三島由紀夫は特に好きなのです。

三島が絢爛豪華な文体であるとすれば、
安部公房は素朴で、とても現代的な文体です。
(大江健三郎とか倉橋由美子のような
実存主義的な文体でもない)

作中人物が書いているノートを読む、
という形式も少なくなく、
そのせいか、ありふれているような印象の、
特徴のない文体であり、
三島なんかと比べて格段に読み易いのだけど、
この読み易さこそがくせ者で、
現代人の孤独とか乾いた日常が、
実は全き絶望に裏打ちされているのが、
文体から透けて見えてくるのです。

ほんとうに、この絶望はどこからくるんでしょう。
太宰治のような感傷主義の頂点を時には撫でながらも、
その文体は融通無碍。
三島のような素晴らしい殺し文章もあります。

安部公房はいつも、
明らかに名もない「一般人」を主人公としている。
実際、名前もない主人公が多い。
名前を無くしたり、顔を無くしたりもする。
三島は必ず、徹底的な主人公の設定があるのにもかかわらず。

三島と安部は本当に正反対な点が非常に多いと感じます。
それでいて、二人の仲は不思議な感じで。
そういう「仲」的な部分はファンからするとたまらないですよね。

『密会』はその名の通り、
「密会」に重心が置かれているけれど、
性の問題を巡って「病院」に迷い込んだ人々の、
絶望的な愛の探求がテーマとなっている。

ラストシーンが凄まじく詩的。
そのシーンに至るまでの逃亡も、なんだろう、
なんか表現悪いですが、
出来の良いライトノベルを読んでいるようなスピード感があり、
第一級の純文学なのに、
優れた漫画を読んでいるような、ドキドキ感もあり、
のめり込んでしまう。

平岡篤頼先生が書かれているように、
『箱男』は覗きの話で『密会』は盗聴の話。
箱男はホームレスで視覚の話なら、
密会は病院で聴覚の話。

「娘の頭を支えている手首のあたりに、雫がしたたった。
涙か、涎かは、分からない。」

この文章は頗る美しいです。
感動的です。想像力に直に訴えかける。
こういう文章も、文字通り独白的な文章の中に、
安部さんは鏤めている。
これこそ観照的文章です。

この機会に、一気に読み直そうと思っています。





1991

驚くべき小説ですね。
『悪童日記』、『ふたりの証拠』、『第三の嘘』
これら三作を持って、一応この三部作は完成する。

正直言って、こんなに凄い作品だとは、
読む前は知りませんでした。
これは絶対に必読書であり、
第一級の文学作品に間違いありません。

寡作であるのも頷ける。
こんなのを書いてしまったら、
もう他に書くべきものは何もないから。

そして、勇気づけられる作品でもあります。
全くの無名であったアゴタは、いきなりGallimardやSeuil社に
この『悪童日記』の原稿を送りつけ、
そしていつしか、各国語に訳された。
堀先生も、早川へ突如この翻訳を送り、
そして読書界に徐々にしかし確実に、旋風を巻き起こした本作。
つまり、佳い作品は必ず売れる、ということです。
乾坤一擲の傑作です。


凄い。
この作品群は凄い。
こういうのを読んでいたら、
GBの小説作品研究なんてしようと思わなかった。
全然レベルが違う。
小説家としてのレベルがあまりに違い過ぎる。

内容を語ってしまうと、
物語の良さを半減するので何もいいません。
ただただ私の漠然とした読後感をお知らせするのみです。

紛れもない天才です、アゴタは。





現在二冠の羽生さんによる『決断力』
大好きな棋士です。
なお、今の将棋界トップは渡辺明竜王で、
渡辺さんも大好きです。


将棋とは、その多くの場合が父親に教えてもらうものだと思います。
将棋以外にも、例えば囲碁、チェス、オセロ。
こういうボードゲームを、
今の小学生くらいの子供たちはどの程度嗜んでいるんでしょうね。
その割合みたいなのを知りたい。

これだけポータブルゲームが普及すると、
一応は人間と面と向かってする、
これらのボードゲームを出来なくなっていきそうです。

さて、少し本の内容とずれますが、
いくつか私見を。

Youtubeにも多数Upされている、
渡辺さんと羽生さんの竜王戦ドキュメンタリーを見ていて思うのですが、
羽生さんはいつからか将棋の中のいわゆる「狂気の世界」へ
もう没入してしまっている気がします。
(それが良いのか悪いのかは置いておいて)

島朗九段がインタビュアーとなり、羽生さんへ
様々な質問を投げかけているのですが、
(竜王戦2010、渡辺明vs羽生善治、死闘再び、参照)
その時の羽生さんがお話されるご様子は、
全く対話相手の目を見ることなく、
奇妙に口を結び、少し挙動不審ですらあるような、
孤独過ぎる人の話し方以外の何ものでもないのです。
決して会社的なビジネスの場所では見ない話し方です。

羽生さんの声が昔より少し高く感じられるのも、
私はあまりお話されないから、という気がします。
人間は話をしないと、声が高くなるのです。
そういう声の高い年上の男性、周りにいませんか。

おなじことは先日のNHK杯に出られていた、
丸山九段からも感じましたし、
森内名人にも感じます。
どうも皆さん孤独でありすぎるような気がする。

人生をあの盤面に傾け、
駒を動かす一つ一つの異様に重い決断に、
精神が削られているのではないか。
まさしく鬼の棲む世界です。

それに対し、渡辺さんは案外普通です(もちろんいい意味で)
それはひとえに奥さんとの対話などのおかげでは、
なんて思ったり。
島さんも普通だし。
あるいは渡辺竜王もいつかは、
あの人の目を全く見ない、盤面だけで会話する鬼の世界へ
入ってしまうのでしょうか。

と、ここまでは完全にどうでもいい、
私の勝手な考えです。
どうも孤独過ぎるのではないか、というのが私の感想。


本に話をもってくると、
とても面白い本なのです。

羽生さんの強さの秘密というのが、
ここに凝縮されている。
羽生さんは将棋界でこれまでに存在しなかった
オールラウンドプレーヤーであり、
なぜにオールラウンドプレーヤーであるのか。
そこに強さの秘訣があります。
居飛車も振り飛車も矢倉も穴熊も使いこなし、
あえて相手の得意な形で真っ向勝負する。

壊して作り直し、失敗してやり直す。
それを何度も何度も繰り返したのが羽生さん。
チェスでも日本最強と言われている。

尋常ならざるプレッシャーにさらされて勝ち取った、
史上初の七冠時代から現在まで。
私個人的には、奥さんが畠田さんであるということも、
羽生さんが普通じゃない証左であると思う。
つまり元アイドルを奥さんにもつ棋士は、
たぶん他にいないんじゃないか。(知らないけど)
凄いことです。
なぜなら、奥さん自体も前に出てきた方であり、
いわゆる縁の下の力持ちとは少し違う。
(もちろん、ご結婚されてから、
陰に日向に支えてきたに違いないのですが、
その出自が輝かしいという意味です)

羽生さんには渡辺さんという天敵がいることも面白い。
また、ぜひとも羽生さんが挑戦者となる、
竜王戦の死闘が見たいものです。

ビジネスや人生の場面でも多々遭遇する決断のために、
ぜひ本書をお読み下さい。



出版社、南江堂の代表的刊行物と言えば、これ。

私の新しい哀読書。
(誤字ではありません。故意にこう書きました)

適応や副作用、ドーズなど詳しいです。
妊婦さんがおられる家庭では、特にお薬についてこれを読んで
注意しておきたいですね。

一つのお薬には、製品名と一般名の二種類あります。
たとえば、第一三共のCMでも話題のロキソニン。
歯医者などで処方されたことのある方も多いと思います。
製品名はロキソニン。
一般名はロキソプロフェン(ナトリウム)と言います。

で、さらに言うとロキソニンはパテントが切れているから、
実はジェネリック医薬品も多数出ております。

そして、スイッチOTCも認められたから、医療用医薬品としてだけでなく、
市販薬として、——ただし第一類医薬品ですが、
手に入るようになったのです。

実は、製薬業界の売上高の8割は医療用医薬品であって、
パパスやマツキヨ、セイムスなどのドラッグストアで買うことの出来る、
OTC薬の売上高は全体の1割程度に過ぎない。
そのほとんどが病院で処方される医療用医薬品の売上高なんですね。

で、各製薬メーカーが競って、
MR(Medical Representative)と称する、
製薬業界独自の情報提供人員を持ち、
病院へあの手この手で営業をかけるわけです。
大きなメーカーほどMRを相当数かかえている。


もし、なにか気になるお薬を病院で処方されたら、
この本を使って調べてみて下さい。
あるいは私とお知り合いの方は、
私に聞いてみて下さい。
ちなみに、各領域において、
最新の作用機序を持ったいい薬も載っていますので、
一家に一冊欲しい本です。







 HOME | 1  2  3  4  5  6  7  8 
Admin / Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]