忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



世に言う、三大同人ゲームと言えば、

月姫、
ひぐらしのなく頃に、
東方Project

いずれも非常に名高い作品です。
数々のスピンオフ作品、アニメ化など、
メディアミックス展開された、
もとはあくまで同人作品。

そのうち、『ひぐらしのなく頃に』はアニメ版に
どっぷりはまり込みました。
これまでにないストーリー展開と、
その非常にブラックで過激な内容にゾクゾクしたものです。

↓レナが急に豹変する。有名な「嘘だよ!」シーン

ゲオなどでDVDか、「アニ速」と検索し、
ぜひご興味あるかたはご覧下さいませ。
とてもよく出来ているバイオレンス。
でも少し過激すぎて、また現実に起こった事件と時期が重なり、
最終回はテレビ放映されなかった。

___________

物語において、ストーリーこそ命である、
と私は確信している。

同人ゲーム。中には絵のレベルが稚拙なものも少なくない。
しかし、仮に絵を捨てても、
ストーリーが面白ければファンはつく。。
それはたとえるなら、
ピアノが下手なフジ子ヘミングさん。

さて。

三大同人ゲームの中へ、
割って入らんばかりのおもしろさを持つ、
本作『ひまわり』
iPhone/iPadアプリ版として登場。
ep1~2まで無料。
ボリュームも結構なボリュームなのに、です。

特にep2はやけに泣ける話で、
ep1を踏まえ、とてもよく考えられている。
ストーリーが非常に優れている。

この作品のせいで、私の睡眠時間はさらに削られてしまいました。
けれども、それだけの価値はあったし、
『きことわ』を読み、この作品を読み、
つくづく感じたのが、
よっぽど『ひまわり』の方が優れているということ。
この二つを比べるのは馬鹿げているし、
土俵があまりに異なっているのかもしれないけれど。
小説も当然、物語性ということを考えて欲しい。

手塚治虫の『火の鳥・望郷編』みたいだ。
ラストでアストロノーツ牧村が、
ロミを埋葬するシーンを思い出した。
本当の「果て」で、『星の王子様』を朗読しながら、
ロミの亡骸を埋葬する牧村を。


『ひまわり』はなかなかに考えさせられる、
素晴らしい作品でした。
ep3は有料なのですが、たぶん買って読むでしょう。

音楽も、佳いのです。

ひまわり










PR


現在、ITune Storeの無料アプリ中、3位にランクイン。
面白いアプリです。

このアプリは絵からわかるように、
手紙を入れたガラス瓶を海に投げる、という趣旨のアプリです。
すると、見知らぬ誰かが、自分が投げたボトルを拾ってくれる。
運が良ければ、その誰かから返事がくることもある。
ただし、もちろんお互いにアドレスなどは、
メッセージに書かないかぎり、一切わかりません。
瓶が流れ着くのは、日本だけではなく、世界各国のIphone、
Ipadユーザーからという広告も魅力的。

また、自分が流した一つのメッセージは、
一人の人が受け取るのではなく、多数の人が受け取ります。
これが重要な点です。

そこで、私は実験をしてみました。

まず、本当に外国からメッセージが流れ着いてくるのか、ということ。
そこで、私は、「外国から来たことある?」や、
「ヨーロッパから来たことある?」と流してみました。

すると、たくさんリプライがあり、
韓国、中国、台湾などが多く、アメリカ、イタリアも少数いらっしゃいました。
ただし、その多くが、なぜかFromアメリカとなっているのに、
日本語のメッセージだという場合が多数なのです。
イタリアからメッセージが来た人もそう言ってました。
さらに、リプライをくれた人とその理由について話あっていると、
ある一つの仮説に行き当たりました。
おそらく、外国から送られたもので日本文のものは、
必ずしも日本人が打ったものではなく、
Iphoneなどに日本語キーボードを追加しているからではないか?
という説です。
たしかに、その人自身はキーボードでロシア語を追加されていましたし、
私自身、中国語、ロシア、ハングル、フラ語、独語を追加していました。
なので、ウムラウトや、アクセント記号、キリル文字、等うてます。

しかし、わざわざ、外国の人が日本語でメッセージを送ったものが、
たまたま日本に流れ着くのかなって思ったりもします。
そんな可能性、限りなく低いです。
ちゃんと日本文で意味も通らないといけないし。

私もためしに、英文で送ってみましたが、
返ってくるのは英文ですが、やっぱりFrom日本しかありません。
いまのところ、一件も外国からきません。

今日面白かったのは、
「オススメの本は?」と流してみると、

「実は暗い、ムーミンシリーズ」と返ってきたのが面白かったです。

読んでみようかな。

 HOME |
Admin / Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]