忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


美しい隣人。火曜10時、放映中。

このドラマを不快と思われる方はかなりいるに違いない。
実際、かなりいるらしい。
でも私は面白いと思う。

仲間さんの演技はとても下手。
壇さんは相当ぶりっこ。
それでもいい。

このドラマは、まずお子さんをお持ちの方が見たら不快に思うに違いない。
幸せな家庭の子供を奪おうとする、マイヤー沙紀(仲間さん)
母親の絵里子(壇さん)は、しつけのために多少厳しくするのが当然ですが、
それをいいことに、マイヤーはわざと、子供の言う通りにしてあげる。

幼い子供には、どちらが自分のためを思っているのか、
それがわからない。
いや、むしろ、自分にとって都合のいいことをしてくれる人を好きになる。
かわいそうに。
自分にとって都合のいいことばかりをしてくれる人が、
自分のことを思ってやってくれているとは限らないのに。

それだけではない。

マイヤー沙紀は絵里子の夫を色仕掛けで落とす。
幸せな家庭を、逆恨みでむちゃくちゃにする。

しかし、この逆恨み、
これぞほんとの逆恨みで侮れない。

なぜなら、マイヤー沙紀の子供と絵里子の子供は、
同じ日に別々のところで、大変な目にあい、
マイヤー沙紀の子は死に、絵里子の子は助かる。
これがマイヤー沙紀の動機です。

幸せとは、まさしくこういうものです。
誰かが幸せになるということは、誰かが不幸になるということです。

次元の低い話をすれば、
Hさんという女性にBさんが告白して付き合いだしたら、
Hさんを好きだった、CさんやAさんは不幸になる。
人間がお肉をたべられるのは、牛や鳥の死による。
入試の場合、誰かが落ちるおかげで誰かが受かる。
誰かが助かったと思えば、誰かが死んでいく、毎日。


幸福とは、多くの犠牲によって成り立つからこそ、
とてもかけがえのないものなのです。

マイヤー沙紀は、幸福であることがすでに罪だという観点から、
幸福に冷や水を浴びせかける。

それを不快と思われるのは、ある意味当然の反応です。


不幸。

私は、この観点を忘れないでいようと思います。



PR

冬ドラマ。
仲間由紀恵と壇れい。あと渡部篤郎とか神保さんなど。


仲間さんってこんなに演技が下手だったんですね。
下手すぎて逆に可笑しい。
でも、ストーリーはミステリーで、普通です。
今期のドラマとしてはましなほうでしょう。

仲間さんて、あの真ん中分けの、ぺったんこな髪型やめないのかな。
なんか犬みたいな顔に見える時があります。

壇れいは、ヴァンクリの白アルハンブラをずっとつけている。

先週、プールで男の子にトラウマを植え付けている、
仲間由紀恵。
これは傑作だった。

ある意味、モンスターのしくったヨハン。

今後の展開が楽しみです。



2011年よりはじまった月9。
大切なことはすべて君が教えてくれた
三浦春馬、戸田恵梨香、武井咲、篠田麻里子、内田有紀。


意外に面白い。
それというのも、キャスティングがしっかりしています。
三浦春馬は『君に届け』で風早君をやってから、今度は先生役に早変わり。
頼りなく、優柔不断で真面目な感じを好演。
決して好きな俳優さんではいないですが。

戸田恵梨香は普通。

篠田さんは、なんか面白い。笑える。
この脇役がぴったり。

そして、武井咲(咲と書いて、えみと読む)
オスカー一押しの女優ですが、どうもあのぺったんこな真ん中わけがあんまり。

でも、ストーリーは面白いですよ。
三浦春馬演じる先生が、ある夜、生徒である武井咲とできてしまう。
(ただし、この夜のことは少し曖昧な謎のように描かれていて、
これからもう少しこの夜のことが明らかになるのでしょうか)
しかし、三浦春馬は、戸田恵梨香演じる同僚の先生と婚約していた——

なかなかに細かい点がしっかりしていて、ストーリーの必然性もある。
話がしっかりしています。

今期のドラマではイチオシかもです。


セカンドバージン第二話を見終えて思うことを箇条書きにします。

・久しぶりにミスキャストではないドラマである。
例、キムタクの総理大臣や松田翔太の医者など。
ミスキャストではないから、見ていて、ありえない、と思わない。
素直に話に入っていける。
長谷川さんは元官僚みたいに確かに見えるし、証券会社にいそうでもある。
(ただし、実際の証券会社のやつらはもっとかっこわるくて馬鹿ばっかりで、
脂ぎった、偉そうな人ばっかですが)

・梅林茂さんの音楽のせいか、
どことなく、ウォン・カーワイの映画を思い起こさせる。
不倫恋愛ものの傑作『花様年華』とかを思い起こさせる。
たぶんそれは、シンガポールとかが出てくるせいだ。
つまり、音楽はいい。

・小木茂光さんのさりげない演技が好印象。
特に、今回、段田さんと、なんとなくそっち系な関係をにおわせたのですが、
段田さんが病室で横たわっているシーンで、
小木さんが彼の髪の毛を触っているシーンは、非常に愛情を感じて、
笑ってしまった。
ある意味、ラブシーンより愛情を感じさせる。

次回より、ワイ・オー・ユーさんが出てくるので、さらに楽しみです。



長谷川さん、鈴木京香さん、深田恭子さん。

NHKで放送開始!
鈴木京香さんがNHKでベッドシーンに挑む話題作です。
明日、再放送がありますので、録画可能な方はぜひ。

久しぶりに、トレンディドラマ的な要素あり。
漫画原作とか学園モノではない、あくまで大人用のドラマです。

まだ始まったばかりなので、大したことは言えませんが、
以下、雑感です。

・フカキョンは可愛い。
・鈴木京香さんは相変わらず美人で魅力的。
・長谷川さんは、文学座出身で内野聖陽さんを尊敬しているだけあって、
顔が似ている。ちなみに内野さんも長谷川さんが好きらしい。
・草笛光子が面白い。

正直申し上げて、わたしが楽しみにしているのは、ラブシーンです。
最近、バカみたいな子供だましの、出演者も子供ばっかりのドラマばかりなので、
昔風のトレンディドラマみたいなやつやらないかなあとか思ってたんですね。
「だ〜れもが〜」みたいな。

ま、そんな感じにはほど遠いですが、全10回と短く、
ぜんぶ見てみようと思います。


 HOME | 1  2 
Admin / Write
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]