忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



現在二冠の羽生さんによる『決断力』
大好きな棋士です。
なお、今の将棋界トップは渡辺明竜王で、
渡辺さんも大好きです。


将棋とは、その多くの場合が父親に教えてもらうものだと思います。
将棋以外にも、例えば囲碁、チェス、オセロ。
こういうボードゲームを、
今の小学生くらいの子供たちはどの程度嗜んでいるんでしょうね。
その割合みたいなのを知りたい。

これだけポータブルゲームが普及すると、
一応は人間と面と向かってする、
これらのボードゲームを出来なくなっていきそうです。

さて、少し本の内容とずれますが、
いくつか私見を。

Youtubeにも多数Upされている、
渡辺さんと羽生さんの竜王戦ドキュメンタリーを見ていて思うのですが、
羽生さんはいつからか将棋の中のいわゆる「狂気の世界」へ
もう没入してしまっている気がします。
(それが良いのか悪いのかは置いておいて)

島朗九段がインタビュアーとなり、羽生さんへ
様々な質問を投げかけているのですが、
(竜王戦2010、渡辺明vs羽生善治、死闘再び、参照)
その時の羽生さんがお話されるご様子は、
全く対話相手の目を見ることなく、
奇妙に口を結び、少し挙動不審ですらあるような、
孤独過ぎる人の話し方以外の何ものでもないのです。
決して会社的なビジネスの場所では見ない話し方です。

羽生さんの声が昔より少し高く感じられるのも、
私はあまりお話されないから、という気がします。
人間は話をしないと、声が高くなるのです。
そういう声の高い年上の男性、周りにいませんか。

おなじことは先日のNHK杯に出られていた、
丸山九段からも感じましたし、
森内名人にも感じます。
どうも皆さん孤独でありすぎるような気がする。

人生をあの盤面に傾け、
駒を動かす一つ一つの異様に重い決断に、
精神が削られているのではないか。
まさしく鬼の棲む世界です。

それに対し、渡辺さんは案外普通です(もちろんいい意味で)
それはひとえに奥さんとの対話などのおかげでは、
なんて思ったり。
島さんも普通だし。
あるいは渡辺竜王もいつかは、
あの人の目を全く見ない、盤面だけで会話する鬼の世界へ
入ってしまうのでしょうか。

と、ここまでは完全にどうでもいい、
私の勝手な考えです。
どうも孤独過ぎるのではないか、というのが私の感想。


本に話をもってくると、
とても面白い本なのです。

羽生さんの強さの秘密というのが、
ここに凝縮されている。
羽生さんは将棋界でこれまでに存在しなかった
オールラウンドプレーヤーであり、
なぜにオールラウンドプレーヤーであるのか。
そこに強さの秘訣があります。
居飛車も振り飛車も矢倉も穴熊も使いこなし、
あえて相手の得意な形で真っ向勝負する。

壊して作り直し、失敗してやり直す。
それを何度も何度も繰り返したのが羽生さん。
チェスでも日本最強と言われている。

尋常ならざるプレッシャーにさらされて勝ち取った、
史上初の七冠時代から現在まで。
私個人的には、奥さんが畠田さんであるということも、
羽生さんが普通じゃない証左であると思う。
つまり元アイドルを奥さんにもつ棋士は、
たぶん他にいないんじゃないか。(知らないけど)
凄いことです。
なぜなら、奥さん自体も前に出てきた方であり、
いわゆる縁の下の力持ちとは少し違う。
(もちろん、ご結婚されてから、
陰に日向に支えてきたに違いないのですが、
その出自が輝かしいという意味です)

羽生さんには渡辺さんという天敵がいることも面白い。
また、ぜひとも羽生さんが挑戦者となる、
竜王戦の死闘が見たいものです。

ビジネスや人生の場面でも多々遭遇する決断のために、
ぜひ本書をお読み下さい。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 211  210  209  208  207  206  205  204  203  202  201 
Admin / Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]