忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



アゴタ・クリストフはつくづく凄い小説家ですね。
本作は『悪童日記』の続編。

『悪童日記』の冷酷無比な文体の系譜を
底流で受け継いでいるのみ。
全く異なる文学空間を構築している。

フランス語のタイトルは、La Preuve
つまり、「証拠」
邦題の「ふたりの」は意訳です。
私個人的には、この意訳は余計な気がしますが、
商業的なセンスからすると「ふたりの」は
必要なんだろうな、とも思うので、
まあそこは重要じゃない。

一読、『悪童日記』とは全然違う。
何かがおかしい。
それは文体だけではない。
内容も何かがおかしい。
しかし、おかしいと思ったまま、
その謎は幾人かのひどく印象的な登場人物によって、
一旦宙づりにされてしまう。

本質的な寄り道のような、いくつかのエピソード。

そしてきっちり基本をおさえた起承転結。

アゴタの作品は、
明快に始まり、明快に終わる。

これが本当の書き出しであり、最後の一文なんだろうな、と思う。
PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 207  206  205  204  203  202  201  200  199  198  197 
Admin / Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]