忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


時雨沢恵一著『キノの旅』On 電撃文庫。

今、非常に勢いのある、ラノベ界。
その中心的役割を担っているのが、アスキーの電撃文庫です。

『キノの旅』は、電撃文庫の中でも、歴史は古く、
現在も続いている古典的でかつ、人気のある作品です。
例えば、『デュラララ!』の中で、遊馬崎などが、時折、
「キノの旅の新刊でないかな〜」とか話しています。
最新刊は第14巻です。
わりと最近出ました。

どういう形式の物語かと言うと、
キノという少女が、エルメスというモトラド(バイク)とともに旅をする。
エルメスはバイクだけど、話すことができます。
そして、旅するのは架空の国々。
したがって、各章、「〜の国」というのが大半。

言ってみれば、『銀河鉄道999』に似た形式です。
999は、様々な惑星や宇宙人に会い、
そこから色々な教訓を得る。
『キノの旅』も同じです。
様々な国へ行き、キノの醒めた目で、各国の人達を見つめる。
すると見えてくる、寓意。

さて、ここからは私見です。
「電撃文庫」研究から読み始めましたが、
正直言ってあまり面白くないんですね。

なんていうか、999の場合、あくまでもゴール地点があったのだけど、
なんか教訓とか寓意を見せたいがために、後から国をつくったみたいな設定。
だから、そのような国がある必然性が、よくわからない。
その国の存在意義を全く説明していない。

作者の言いたいことを言うために作られた国々のような感じが、
はっきりと透けて見えて、キノがとても嫌味に思える。
そのうえ、エルメスが、アニメの時もそうでしたが、
とても「うざい」キャラなんですね、エルメス。
なんか、鬱陶しい。邪魔している。

それに、私にはキノの哲学のようなものが、とてもしょうもないものに思える。
つまり、キャラクターに魅力を感じられないのです。

よくもまあ、こんなばかげた話を、14巻も続けたものだ、というのが、
正直なところ。

もっと、色々な国がある必然性を説明して欲しいし、
人間という存在は、こんな単純なものではない。

キノがやけに傲慢で偉そうに思える。
それに、会話文が、私にはとても下手に思えます。

と、ひどいことばかり書いてきましたが、、
よろしければ、アニメなどから入ってみて下さい。

また、電撃文庫について書きます。


PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 93  92  91  90  89  88  87  86  85  84  83 
Admin / Write
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]