忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1979年、タルコフスキー監督。



A&Bストルガツキーの『ストーカー』と『願望機』を足して二で割った翻案。
黒澤明の『羅生門』的な。
しかし、黒澤のほうがよっぽど野心的ではあります。

『ストーカー』とはいわゆる私たちが想像する意味での、
つきまとう人のようなストーカーではなく、密猟者、
という意味です。

タルコフキーは物凄い映像で、出だしから見る者を引き付けます。
圧倒的に静的な、映し出すのは極端に廃れた映像なのです。
SF映画史上に残る傑作であることに間違いはありませんが、
個人的には『ソラリス』のほうが映画としては優れていると思います。

というのも、『ストーカー』のほうは、映画を見ると、
原作のほうがより面白いと感じるからです。
なぜなら、原作のほうが、動きがある。
しかし、タルコフスキーは、動きを一切取り払って、
極端に静的な映画へと仕上げております。
私は、もう少し、動きを出してもこの映画を損なわなかったのでは、
と思いますし、いかんせん『願望機』とドッキングしてしまったことが、
よくないと思えて仕方ありません。

宇宙人が来訪し、去っていったとされる、「ゾーン」
「ゾーン」に一歩でも入ると、
あらゆる物理学の法則を無視した、予期せぬ事態が起こる。
世界中の科学者たちが「ゾーン」を研究するのだが、
一向に謎はつかめない。
そんな中、命がけで「ゾーン」へ侵入し、
宇宙の痕跡を刻まれた、見た目は地球のものだが、
不可思議な状態におかれた物質を盗み出す、「ストーカー」がいた——

おそるべき想像力と筆致で書かれる「ゾーン」
数々の罠と犠牲。
そこの最奥部には一体何があるのか。

レムのファースト・コンタクト三部作にも負けない作品です。
原作を読んだことがなければ、タルコフスキーの映画も半減でしょう。

映像がとにかく凄いです。
PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 91  90  89  88  87  86  85  84  83  82  81 
Admin / Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]