忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今月号の別冊マーガレットより、連載開始。
咲坂伊緒先生の最新作です。

今月の別マは充実しています。
ただし、『君に届け』はいい加減終わって欲しいと、
ここ2年、ずっと思っていますが。
あれは、もうやめてほしい。

以下、敬称略させて頂きます。

幸田もも子の『ヒロイン失格』、河原和音『青空エール』
高梨みつば『紅色ヒーロー』、藤村真理『少年少女学級団』
もちろん、ふじまつ『もうかえってくれないかっ』
永田正実『好きって言わせる方法』
神尾葉子『虎と狼』
いずれも、面白かったです。

永田正実先生は、明らかに『恋愛カタログ』よりも今の作品のほうが
おすすめだし、
河原先生は、『先生』『高校デビュー』につづく、
ストレートな青春作品『青空エール』も、こっぱずかしい感じでいいです。
神尾先生は、得意の、まったくすれてない、芯の強い女の子の主人公を軸に、
とても面白いお話です。

そして、咲坂先生の傑作『ストロボエッジ』が終わり、
今回より『アオハライド』開始。

咲坂先生って、ほんと、カットとか、コマ割りが凄いんですね。
勉強になります。
最近のドラマって漫画原作が多いですが、
それというのも、どう撮ったらいいか、わかってるからで、
したがって漫画原作のドラマとは、要は、大して仕事していない、
ということです。

優れた漫画家とは、すなわち優れた演出家です。
優れた監督です。
何をどう描いて、どの角度から表現するか。

少し脱線しますが、いまだに忘れられないのが、
手塚治虫の『火の鳥』の未来編で、手塚漫画に欠かせないロックが、
コンピューターのダニューバーに言われて、恋人と別れるシーンがあるのですが、
そのシーンは、台詞無く、短いカットでつないでるのですが、
名シーンの教科書です。

閑話休題。

別マへの投稿作品に対する、編集者の方々の的確な批評は、
非常に勉強になります。

さて、

アオハライドですが。。

やはり、咲坂節が効いているというか。
非常に面白く、今後の展開が期待されます。
ヒロインがとても日本的で、周りの空気ばかりを読んで、
わざと自分を格下に見せる子で。
男の子は、中学時代の友達だけど、
久しぶりに会ってみると、性格が真逆になっている。

どうなるのでしょうか!
PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題
君に届けはすごく素敵な作品です。
作者も凄く素敵な方。
やめてほしいとか最低なこと書かないで下さい。
? 2011/04/12(Tue) 00:05 編集
Re:無題

?様

私の発言によりご不快な思いをされ、
誠に申し訳ございませんでした。
まずこの場を借りてお詫び申し上げます。

私は、椎名軽穂先生のファンです。
これは誤解しないで下さい。
特に『君に届け』は別マではじまった当初から現在まで、
そして前作である『Crazy for you』も初めから終わりまで、
全部、別マで発表された時点で愛読していました。

私が書いたことは、
あくまで一つの個人的な感想に過ぎません。
椎名先生に対する誹謗中傷では全くないのは、
すぐお分かりになることと存じます。
それどころか、『君に届け』に限って言えば、
私の感想は、物凄くマイナーな感想だと思います。
皆さん、
むしろすごく愛して止まない作品であることに違いないと思います。

一つ考えて頂きたいことがあります。
いかなる作品も、すべての人に好まれるということはないのです。

例えば、私は井上雄彦先生の『スラムダンク』は好きですが、
『バガボンド』は好きではありません。
同じように『Crazy for you』は大好きです。

そのような「好み」はおそらく?様にもあることではないでしょうか。
これはただ、漫画の世界に限ったことではなく、
映画、文学、音楽、料理にしてもそうだと思います。
自分の好きなものが、必ず絶対というわけではない、と私は考えます。
そして、私はそのことで作者を責められるような、
権限を持った言葉を発することのできる、
例えば集英社の編集者ではないのです。

一つの他意のない、独断と偏見に充ちた感想として、
(このレビューはそういうスタンスなので)
?様は気になさる必要なないことと存じます。

最後になりましたが、貴重なご意見をお寄せ頂き、
お詫びと共に感謝申し上げます。

海馬浬弧 2011/04/12(Tue) 22:14
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 96  95  94  93  92  91  90  89  88  87  86 
Admin / Write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]