忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1966年。高倉健。池部良。藤純子。扇千景。
シリーズ3作目。

佐伯監督は、あまりメジャーな監督ではありませんが、
素晴らしい監督です。
佐伯監督再評価をすべきだと思う。
彼については、以下のサイトに詳しいです。
http://www.nihoneiga.info/classic/0002/07.html

『昭和残侠伝』は佐伯監督のものが一番優れています。
とりわけ、最後の作品、『昭和残侠伝、破れ傘』は鶴田浩二も加わり、
最高の出来です。
佐伯監督はこの作品を最後に、映画から離れてしまう。

さて、本作は、藤純子の美しさはいつものことながら、
扇千景もなかなかに美しいです。
高倉健、池部良が、他の作品に比べ、いつ結託するのかな〜と思いながら、
見ていましたが、二人が「ご一緒」する動機が少々弱いかな、と。

ただ、ラストの殺陣、殴り込みは他の作品よりもいい。

池部良さんの追悼に。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 98  97  96  95  94  93  92  91  90  89  88 
Admin / Write
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]