忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Les Plages d'Agnès
アニエス・ヴァルダの最新作。
彼女の人生を、ヴァルダ自身が語るドキュメンタリー。

Documentaire好きの私としては、結構楽しめた作品です。
ただし、映画を見る前に、
それなりにフランス映画界の固有名詞に親しんでおく必要があります。
わざわざヴァルダの映画を見ようと思う人なら、
たぶんそのへんは把握済みのことだと思います。

個人的に面白かったのは、Sèteという土地の話や、
クリス・マルケルのくだり。
そして、バーキンはいつ見ても、面白可笑しい人だと思う。
いつもの、バーキン(鞄)をひっくり返すシーンは痛快でした。

「鞄の中を見てもその人のことは何もわからない」

この言葉は、どこかの、鞄の中ばかりを見たがる人に、
教えてあげたい。
バーキンが持つ、ボロボロのバーキン。
中身もぐちゃぐちゃ。

ヌーヴェル・ヴァーグ時代のヴァルダの傑作、
『5時から7時までのクレオ』についても興味深かったです。
私は馬鹿だから、ちゃんと考えて見てなかったので、
ヴァルダがこういう意図があって撮ったというのを聞くと、
なるほどと思いました。
ゴダールなんかより、全然いいですよ。


そして、やはり、ジャック・ドゥミがSIDA(エイズ)で亡くなる話。
ここは悲しい。

さて、

ヴァルダの映画って、日本で見られるものは少ないのがよくわかりました。
特にサビーヌが出ている、『ドキュマンテール』が見たいと思って、
探したのですが、本国で出ているBOXだけでした。

J'ai mal partout

アニエス・ヴァルダの入門編というより、
少なくとも『5時から7時までのクレオ』
そしてジャック・ドゥミ『シェルブールの雨傘』
クリス・マルケル『ラジュテ』
を見てから、取りかかったほうがいい映画です。

シネフィルな方はぜひ。


PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 97  96  95  94  93  92  91  90  89  88  87 
Admin / Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]