忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2008年刊。講談社現代新書。

もし、あなたが働いている職場が、「不機嫌な職場」であるのなら、
ぜひ一読されることをお勧めします。
また、とりわけ上に立つ役職の方々や経営者の方々にとって、
とても参考になる本なので、読んで損はない本です。
企業で働いたことのない方や、学生の方にも
ぜひ一度就活の時などに読んでみたらいいと思う本です。

ただ、この本を手に取ったとしたら、
少なからずこのような経験がおありだからこそ、
必然的にこの本に興味を持つのかな、とも感じます。


今日本で(私は外国で働いたことがないので)、
どうしてこのような職場が増加していっているのか。
きっと個人個人は根っからの悪なんていないのに、
どうしてみんなの悪い部分しか出てこない職場となってしまうのか。
例えば自分の恋人に見せる姿を、
職場でも発揮できたら、
どんなにか明るい思いやりに満ちた職場となることでしょう。

この本に出てくる良き職場の例とは、そういう意味で、
例外なく、公私が適確に混じり合った職場に他なりません。
恋人や友人と付き合う際に見せる自分を出すことの出来る職場です。
ゲゼルシャフトでありかつゲマインシャフトである職場です。

しかし、現代を生きる人々の多くは、
仕事と私生活を分けて生きたいと願っているに違いないく、
その考えは根強い。
なぜなら、仮に自身が思う自分になれる仕事に就けるのであれば、
公私混同は至極幸せに達成されることでしょうが、
世のほとんどの人が、思うような職に就けず、
自分自身にすらなることができないからです。
畢竟、仕事の時間と私生活の時間の乖離を、自分から進めてしまう。

こういった問題に関して議論することはいくらでもあります。
それに、各職場において問題はいつも違うし、
関わっている人々特有の性格などもあり、
問題はもちろん一筋縄ではいきません。


私はただできるだけ、自分自身をこうしたいと願う。
すなわち、どこへ行っても、どういう時でも、
出来る限り相手のことを考え、思いやり、優しく振る舞いたい。
笑える引用で申し訳ありませんが、ある歌から。
「優しさに触れることよりをふりまくことで、
ずうっとずうっと今までやってきた。
それでも損したなんて思ってない」


自分のダメさ加減が目につくばかりです。
もっと徹底的な自己否定をしないといけない。

努力しかない。


PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 165  164  163  162  161  160  159  158  157  156  155 
Admin / Write
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]