忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


本来、この作品は漫画の項目に分類すべきでしょうが、
アフタヌーンで連載していた本作を読んだことはなく、
私はアニメを見たので、そちらについて。

かとりまさる、とは林葉直子さんのペンネーム。
女流棋士とミステリーを融合させた佳作。

もちろん、細部を見ていけば、
ちょっとおかしいなという点は、少なからずある。
しかしストーリーとキャラ設定はとても良くできているので、
小さな瑕瑾は気にならない。
それどころか、欠点を補って余りある。

林葉直子さんについては賛否両論色々あるでしょうが、
女流棋士として活躍しなお、このような話が書けるというのは、
疑いなく一つの才能である。

将棋のことについて、多少なりとも「穴熊」とか「居飛車」とか、
戦法について知っているとなお面白い。

将棋漫画としては『月下の棋士』を思い出しますが、
これもなかなか面白い。
それぞれのキャラクターが将棋にも反映されるというのは、
『シンシナティ・キッド』のスタッド・ポーカー、
『ヒカルの碁』の碁、
など一つの面白いツールです。

ミステリーの関連で言えば、かつてヴァン・ダインがポーカーを使って、
犯人を暴き出すという、息詰まる心理戦を展開したのを思い起こします。

こういう戦略的なゲームとミステリーを絡めるのは、
とても面白い。
ストーリー構成の上で非常に勉強になります。

主人公、紫音は、幼い頃に両親を殺され、
それ以来話すことができない。
筆談で意思疎通をする女の子。そして棋士。
彼女が棋士として勝っていくにつれ、追い迫ってくる過去——。
一体誰が敵で味方なのか。
将棋の盤面のような心理戦が展開される。

言ってみれば、紫音は「王」
同じく女流の沙織は「角」
歩は「飛車」

かな。

ちなみに私は将棋の駒では「角」が好きです。
トリッキーでユーモラスな動きをする角が好きです。

将棋好きにはおすすめな良質ミステリー将棋アニメ。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 170  169  168  167  166  165  164  163  162  161  160 
Admin / Write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]