忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


最高のJAZZピアノをお届けしましょう。
日本におけるピアノソロの一つの頂点。

今をときめく、大好きな名ピアニスト山中千尋さんが群馬は桐生出身だとすれば、
板橋文夫さんは栃木は足利市ご出身。

北関東は個人的にも何度か足を運んだことがあるので、
あの寂れ具合から、私は勝手にJAZZ不毛の地かと思っていましたが、
それは大きな間違い。

板橋文夫さんの傑作「渡良瀬」を聞いたのは、
忘れもしないJWAVE、平日午後4時過ぎ。
仕事で外に出る社用車の中。
レイチェル・チャンさんのランデヴーが中休みに入る。
ジャイルス・ピーターソンの短い番組。
そこでジャイルスがかけた曲が、「渡良瀬」だった。

すごく印象的なフレーズ。
そして、ずば抜けて瑞々しい。リリカルなんですね。
板橋さん自身はご覧の通り、結構ワイルドな男性なんですが、
このダイナミックで洗練された展開には、心揺さぶられました。

ちょうど、私は足尾銅山へ行き、わたらせ渓谷鐵道に乗ったばかり。
渡良瀬がいかなるものか、知ったあとでした。

ちなみにこのアルバムには「利根」もあり、
やはり冴え渡っている。

この独特に刻まれる、川の流れのようなリズムはなんだろう。

異様に心地よい。

個人的には上原ひろみさんは全く何も感じないピアノで退屈ですが、
山中千尋さんや板橋文夫さんは、抜群にリリカルで、ドラマチックなんですね。
そこが好き。



板橋さんの音源をyoutubeで見つけられなかったので山中千尋さんの、
「SAND SHIP」を。中島みゆきの歌をアレンジしたもの。
PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 171  170  169  168  167  166  165  164  163  162  161 
Admin / Write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]