忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ハヤカワ文庫。


この本について、いかなることを語ればよいでしょうか。

実は、伊藤計劃氏の作品について、
まず私自身にとって重要な論考を、あるところへ寄稿する予定なので、
ここで詳細を語るわけにはいきませんが、
伊藤計劃氏は、ゼロ年代最高の小説家と確信しました。
それだけに、2009年、34歳という若さでご逝去されてしまったことは、
本当に残念でなりません。
これほど素晴らしい小説家が存在していたとは。


以下、お好きな方がいらしたら、誠に申し訳ありませんが、
このレビューログは、「尊大でかつ傲慢であること」を設定としていますので、
少し酷く書きます。

先日の芥川賞を受賞された、お二方の小説と比べ、
なんと計劃氏の小説のほうが優れていることでしょう。

朝吹さんのは、代々と続く良きご家庭にて育まれた、
単なる処女の幻想に過ぎない。

西村さんのは、太宰とか田中英光とかの系譜を受け継いでいます。
(ご自身は相当、田中英光に詳しいとか)
要するに、日本センチメンタリスム同盟ですね。
いまだにこんなセンチメンタリスムをよしとする風潮が残っているとは、
と愕然としました。

そもそも、書くことの大半が、自分の経験に基づくなんて、
ほんとか嘘か知りませんが、そういうことを馬鹿みたいに言って、
すでに感傷的過ぎる。
内容もですが。

太宰は確かにいい。田中英光も悪くない。
でも、つまりは、もうこの道でやることはない、ということです。
太宰は、センチメンタリスムの頂点を文学で極めた。
だから、三島はそれが大嫌いだった。
アラーキーは凄い。
アラーキーは写真でセンチメンタリスムを極めた。
だから、写真でもこの道は、もうやる必要がない。

いつまでもセンチメンタリスムを追っかけると、
日本の文学は袋小路にはまり込む。

もっとひどいことを書きたいのですが、ここらへんで止めときます。


・・・・


それに対して、

伊藤計劃氏は全くセンチメンタルではない。
それどころか小説家として、
強靱な世界を創造する力をお持ちです。
あくまで論理的なリアリストです。


伊藤計劃氏とE氏に関する、論考を草している段階なので、
あまり詳しいことを言えずに、歯がゆいのですが、

『ハーモニー』絶対読むべきです。
SFというジャンルにカテゴライズされていますが、
いわゆるSFとは違う。

ユートピア小説の臨界点まで達した傑作。
日本人にこのような話が書けるとは……

第30回日本SF大賞受賞
「ベストSF2009」第1位
第40回星雲賞日本長編部門受賞

伊藤計劃さん、なんで死んじゃったんだろ……



PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 118  117  116  115  114  113  112  111  110  109  108 
Admin / Write
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]