忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2004年。クリストフ・オノレ監督。
イザベル・ユベール、ルイ・ガレル。


フランスの思想家であり小説家、ジョルジュ・バタイユの『わが母』を映画化。
もしもフランス文学に多少親しみのある方であれば、バタイユという作家が、
いかなる作家であるのかご存知でしょう。

面倒なので、バタイユについては語りません。

この映画のことだけ言うと、ルイ・マルの好奇心よろしく、母子もの。

しかし、つくづく思うのが、『好奇心』のマッサリのほうがよかったということ。
ユベールは確かに綺麗ですよ。
でも、いかんせん痩せぎすで、肉がなさすぎる。
そのせいか官能性に欠ける。
放埒な母というのが、どうもしっくりこない。

彼女はいつもかっこよくて、
なんだか憂鬱そうな顔ばかりで、快楽に臨む姿はまるで、
苦虫を何匹も噛みつぶしたような、渋い顔でした。
そのせいで、どうも背徳的な悦楽みたいなものがない。

ルイ・ガレルも、快楽に墜ちていくのが全く楽しくなさそうで、
二人ともまるで修行僧。

これでは意味がない。

そのうえ、舞台をなぜ、あのようなヌードビーチがあるような、
開放感溢れるところにしたのか。

似たようなテーマを扱う、今村昌平の『日本昆虫記』のごとく、
フランスの土着的な田舎のほうがよかったと思うのは私だけでしょうか。

退屈な映画です。
PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 113  112  111  110  109  108  107  106  105  104  103 
Admin / Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]