忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1971年、ルネ・クレマン『パリは霧にぬれて』

私の大好きな女優、フェイ・ダナウェイが出ています。
魅力的です。
それに対し、相手役はフランク・ランジェラ。
この変わったキャスティングはなんでしょうか。
フランク・ランジェラは最近まで、
ウーピー・ゴールドバーグと同棲していた、実力派俳優です。

本作の原題はLa maison sous les arbres
直訳すると、木々の下にある家。
それに対し、邦題は、全編ソフトフォーカスで撮られていることを理由に、
パリは霧にぬれて、となっています。

内容は2時間ドラマ。
特にメッセージ性や主張など、一切ありません。
野心的な作品でもなんでもない。
単なる2時間サスペンス。
なので、そんなに面白くないし、残る映画ではありません。

が、フェイ・ダナウェイは魅力的です。
彼女の代表作は、間違い無く『ボニー&クライド』ですが、
こういう適当な作品でも綺麗ですね。セクシーです。
ほんと、フェイ・ダナウェイはアメリカ人だなあとつくづく思います。

フェイ・ダナウェイだけでも見る価値あり。
PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 67  66  65  64  63  62  61  60  59  58  57 
Admin / Write
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]