忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



昨年8月、当時、耳かき店員であった江尻さん、
それに江尻さんのお祖母さんもとばっちりを食い殺害されるという、
悲惨きわまりない事件。

裁判員裁判としてははじめて、死刑を求刑された裁判となり、
先日、判決が下され、林被告には無期懲役が言い渡されました。

その際に問題になったのが、有名な永山則夫事件です。
新藤兼人監督の映画『裸の十九歳』や、
上記の獄中記『無知の涙』で一躍時の人となり、
1983年に死刑を言い渡され、執行された人物。

永山則夫さんのことはひとまず今回は置いておいて、
(『裸の十九歳』『無知の涙』は名作です)
永山則夫事件をきっかけに、死刑判決の一つの基準として
「永山基準」という基準が設けられるようになりました。

今回の、江尻さんと江尻さんのお祖母さん殺害事件に関しても、
まずこの「永山基準」が参照されました。
すなわち、死刑判決を下すにあたって、重要な要素に、
何人殺害したか、ということが重要視される、という基準です。
「永山基準」には他にも基準がありますが、まず数が重要ということ。

先進国の中でも死刑が残っているのは日本とアメリカだけとよく言われますが、
裁判員裁判で死刑というのは、裁判員にとってあまりにも重すぎる。

よく死刑は犯罪抑止と言いますが、実は全く関係ないことが、
かなり多くの統計や研究で証明されているからこそ、
多くの先進国で死刑制度は撤廃されています。

死刑という問題は実に困難な問題です。
被害者の方々の心情を考えると軽々しいことは何も言えない。

そこで一言だけ。

たとえ、私たちが様々な凶悪事件の加害者でなくても、
死刑制度がある限り、私たちも人殺しです。
私たちも日本人である限り全員加害者です。
日本人には決定的に加害者意識が欠けていると私は思います。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 68  67  66  65  64  63  62  61  60  59  58 
Admin / Write
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]