忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1971年、加藤泰監督。シリーズ7作目。
鶴田浩二、若山富三郎、待田京介、大木実。

藤純子は美しい。
映画の中でも、ある登場人物が彼女に、いまわの際に、
「俺が見たものの中であなたは一番きれいだ」みたいなセリフがあります。
納得です。
藤純子演じる矢野竜子は確かに、綺麗なのです。
こんなに綺麗な人今、いません。
娘が寺島しのぶなんて信じられない。
寺島しのぶはダサすぎるのに。

ただし本作は、緋牡丹シリーズでも、中くらいの出来です。
加藤泰監督は素晴らしい監督ですが、
これは第6作目の『お竜参上』よりだいぶおちます。

理由1。
お竜さんに助っ人がいない。
そのため、ラストの斬り合いはお竜さんの一人舞台である。
待田京介は小物止まりだし、緊張感の高まりないまま、
ラストの斬り合いに突入する。
それもある意味なし崩し的に、メリハリなく開始する。
残侠伝のように、「ご一緒願います」的な強力な助っ人がいないと、
やはり面白くない。
それに初七日での斬り合いはなしですよ。よくないですよ。

理由2。
鶴田浩二がわりと早めに殺される。
もっと鶴田浩二を強調しないと!
鶴田浩二は聞くところによると加藤泰とひどく仲が悪かったとか。
そのせいかな〜と思ったり。

理由3。
話が雑。
なんなんでしょう、あの陸軍大臣は?
あのエピソードはわけがわからない。

結論。
藤純子は綺麗ですが、歌は下手です。
助っ人は重要。
ラストの斬り合いは、緊張感が大切。
それにつけても、
お竜さんの喪服の斬り合いはかっこいい。
途中、髪を振り乱して、緋牡丹の刺青を喪服の裂け目から見せます。

これを機にもっと初めから見直そうと思いました。
PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 22  21  20  18  17  16  15  14  13  12  10 
Admin / Write
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]