忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



プロレタリア作家、葉山嘉樹の、忘れられた傑作。
『セメント樽の中の手紙』など、彼には佳作が多い。
プロレタリア作家は小林多喜二ばかりが取り沙汰されますが、
結構たくさんいるのです。

徳永直『太陽のない街』は小竹向原ー千川が舞台。
黒島伝治『渦巻ける烏の群』
これらはプロレタリア文学の傑作です。

さて、『淫売婦』は短いながらも、
グロテスクで絶望的な仮借無い物語。
ある若い男が、横浜で出会う、病気で死にかかった淫売婦。
淫売婦の周りには三人の男。
初め、若い男は、三人の男が女をボロボロにしてまで、
食い物にしていると思うのですが、
実はそれどころか、女は三人の男に感謝しているし、
四人が生きるために、皆が皆、助け合って生きている。

女の薬を買うためには、稼がねばならず、
稼ぐためには、女の肉体を酷使しないといけないという、
ただ墜ちていくだけの悪循環。
ここには典型的なプロレタリア系のイデオロギーである、
労働者は労働によりさらに貧乏になるという構図があります。
資本家は労働者を徹底的に搾取し、
労働者はいつまでたっても、働けど働けど楽にはならない、
どうしようもない生活が横たわっている。

彼女はもはや起きることも能わず、
結核でなおかつ子宮癌に喘ぎ、死にかかっている。
腐った畳の上で、死体よりもなお死体的な腐臭を放ちながら、
骨と皮だけになってそれでもまだ生きている。
髪の毛は自分の吐瀉物で汚れ、固まり。
生きていれば何かあるかもしれないという「空頼み」だけで、
生きているらしい。

救いは全くない。
何一つ希望は転がっていない。
若い男はそれでも、彼女に少し欲情するのです。

肉体文学の巨匠、田村泰次郎の『蝗』的なものを思い出しました。


救いのない暗黒な夜に、
自分よりももっとひどい状況を知って下さい。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 23  22  21  20  18  17  16  15  14  13  12 
Admin / Write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]