忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



真下耕一監督の通称「真下三部作」の一つ。
去年のベスト10でも、取り上げましたが、
「銃と少女」をテーマにしたガンアクション。

舞台はパリ。
コルシカ出身で殺し屋のミレーユ・ブーケと
過去を無くした正体不明の女子高生、夕叢霧香が
あることをきっかけにコンビを組み、
コードネーム「NOIR」として、
殺しの仕事を請け負うようになる。

独特の世界観と静けさが好印象。

ストーリーにはいささか無理がある。
けれども、基本的に一話完結型のこの物語は
とても雰囲気が素晴らしい。
内容は殺し屋が主役なだけに、悲劇的な話が多い。

音楽の仕事もとてもいい。
これまで見たアニメの5本の指には入るだろう。


それにしても、私はこう、なんで
昭和残侠伝とかNOIRとか、
こういう蛇の道は蛇みたいな話が好きなのだろうか。

とふと思った。










PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 232  231  230  229  228  227  226  225  224  223  222 
Admin / Write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]