忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



私はジブリと共に育ちました。
ジブリの処女作であるナウシカは1982年より
アニメージュに連載。
83年生まれの私にとって、
ジブリはゆりかごのようなものです。

となりのトトロも大好きですし、
ラピュタはあんまり好きではないけれど、
作品としてはやはり宮崎駿らしいなあ、と感じます。
もののけも魔女宅も。


私は思うのです。
もしも、真の監督であれば、
話も一から全部自分で作ってみたいというのが、
至極自然ではないかと。
これはなにもアニメに限ったことではない。
真にクリエイティブな人間は、
他人の作った世界の演出で満足しない。
このことを私は度々主張していると思います。

だからこそ、
ナウシカもトトロもラピュタも優れていた。
新しかった。野心的だった。

しかし、ハウルもアリエッティも、ゲド戦記も、
既存の作品を用いている。
これは明らかにジブリの衰弱を表しているし、
一目瞭然、作品が全然面白くない。

その上、いつからか芸能人を声優として使うことは
当たり前のようになっている。
ナウシカの頃やトトロの頃には、
北林谷栄さんという優れた女優を起用しているものの、
そう頻繁に見られることではなかったはずだ。
モチはモチ屋に任せるべきだ。
アリエッティの神木君は下手すぎる。
声が作品から浮いている。

ゲドを監督した宮崎さんの息子も、
アリエッティの米林さんも、
なぜ若いくせに、他人の作品を使うのか。
それにゲドのように、
原作があまりにレベルの高い作品を用いると、
小さくまとめることしか出来ない。
黒澤明が羅生門を自分のものにしたようなことは、
並の監督に出来ることではない。
それゆえゲドもアリエッティもハウルも、
作品としても小品に過ぎない。

アリエッティについて言えば、
あまりにも唐突な終わりかたなのだ。
ハウルよりは見られる、と思って私は見ていたけれど、
ここからだ、ってところでいきなり終わる。

アリエッティの終わり方はまるで、
どうしようもない問題に直面し、
そこでアリエッティがジレンマにもだえ苦しむ部分を
単に排除しただけの、残念な終わり方だと思う。

主人公である翔との淡い恋にもっと悩み、
両親にもっと反発したり、
手術の成功を祈り応援したり、
そういうもっと苦労の描写があるべきだと私は思う。

これでは、ただ異文化をお互いに撫でて、
「こういう文化の違いもあるよね」という、
虚しい結末ではないだろうか。


私はまた思う。
ジブリの絵にはもう飽きたと。
監督が変わっても常に同じ。
宮崎駿の鋳型に、誰も彼もがはめ込んでいる。
演出もなにもかも、常に同じ。


宮崎駿は確かに偉大だと思う。
しかし、同じプロダクションであろうと、
監督や人が変われば、
それぞれの個性が出てしかるべきだ。

ジブリには衰滅の相が見える。
あきらかに子供だましだ。
宮崎駿が築いた確固たるブランド力で、
新作ごとに、
これからも一定量の観客は得るだろう。
だが観客はいつまでも馬鹿ではない。
世界で評価されるのは、ジブリの中でも
結局宮崎駿の作品のみに過ぎないように、
おそらくこのプロダクションからは
さらなる個性は生まれないだろう。


たぶん、宮崎駿が偉大過ぎるのだ。
そしてジブリの人はみんな優しすぎるのだ。

ジブリで成功しようとするのではなく、
新海誠さんが『ほしのこえ』を作ったように、
ゼロから、自分自身の道を築くことが重要である。
(ただ新海さんの新作はどうもジブリの影響が感じられる…)


来たれ、アニメーション映画のマキャベリスト。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 228  227  226  225  224  223  222  221  220  219  218 
Admin / Write
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]