忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



原発映画。


ジャック・レモンにジェーン・フォンダ、
そしてマイケル・ダグラス。
アカデミーやパルムドールにもノミネートされた名作です。
ジャック・レモンは喜劇以外にこういう役も出来る。


さて、本作は1979年3月16日に公開されたのですが、
実にその12日後の3月28日、スリーマイル島で事故が起こる。
そのこともあり映画は大ヒット。

人間が想像できることって、結構実際に起こることですよね。

あの時こう思っていたのが現実になった、など、
実は「こう思う」という直観にも似た感覚は、
自分も気がつかない小さな兆候から、導き出した反応なのです。
直観というのは、決して偶然の思いつきではなく、
自身のこれまでの経験から総合して導き出された一つの答え。
ただし、その「答え」にいたるまでの明確なプロセスが見えないため、
そのような「答え」を我々は直観と呼ぶし、
だからこそ羽生さんは「直観の7割は正しい」というのだと思う。

前にこのレビューログでも取り上げました、
ゴルゴ13シリーズの『二万五千年の荒野』(1984)は、
まるで福島の原発事故を予期していたかのような話。
綿密な調査・経験に基づく、強靱かつ論理的な想像力があれば、
あのような話を書くことができる。


閑話休題。


『チャイナ・シンドローム』とは、
アメリカでメルトダウンが起きた場合、
溶けた核燃料は大地を突き抜け、裏側の中国まで行く、
というジョークから出来た言葉。
(実際のアメリカの裏側は中国ではない)

アメリカのとある原発が、事故に見舞われるのだが、
電力会社の人々は皆その事実を隠そうとする。
なぜなら新たな原発を作るなど、多くの利権が絡むため、
事故があったということを公表し、原発をしっかりと検査するというのは、
電力会社や建築会社にとって非常に不都合なのだ。
そんな危うい状態のまま、原発を再稼働させようとする。

しかし、その原発で長年働き、
原発をこよなく愛しているからこそ、
危ないものは止めないといけないと考えるジャック。

彼は制御室に立てこもり、ふとしたことで知り合った、
キャスターのキンバリー(ジェーン・フォンダ)に頼み、
立てこもった制御室から中継をつなぎ、
この原発の危険性を訴えかけようとするのだが……


あとは映画をご覧下さい。

非常にシリアスで、我々にとってはタイムリーな映画です。

この映画の主演男優であるジャック・レモン演じる
原発の技師は、決して原発反対派ではない。
彼は原発のおかげで生活が出来、働いてきた人物です。
でもだからこそ、
危ない時は正直に危ないと言わないといけないという考えと、
会社員としての強烈なジレンマに立たされる。
それはキャスターのキンバリーも同じこと。


そしてたぶん、我々もあの震災後、
度々様々なジレンマに悩み、苦しんでいるのではないでしょうか?
私は、いくつかの業界の知人達から、

あの震災時、ないしは震災後の上司や経営者の振る舞いは最悪で、
物凄く失望した。



という声を聞きましたし、かく言う私もそうです。
そして不幸にも、この発言に対する逆の回答を得たことがない。

あの震災以降、様々なジレンマに、
現在も悩み、苦しむことになっていると思います。
私もあの震災がきっかけで(といってもいいと思う)、
二度も職を変えることになってしまいました。
(半分以上、自分の経験不足のためもあります)
その他、非常にたくさんの事件がありました。

今月、先月だけで受けた面接は15回。
職務経歴書を何度ブラッシュアップし、
現在の最終形態にしたことか。
SPI2の対策、GAB形式の問題集、フェルミ推定対策…


阪神大震災の時、私は神戸市灘区で小6だった。
でも今回の震災の時、東京は被災地ではないけれど、
あの時以上に色々な影響を被ったと思います。


今年は逃げずに、自分は自分なりの道を追求したと思うので、
これからも、もっと謙虚に誠実に、努力を続けようと思います。




PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 226  225  224  223  222  221  220  219  218  217  216 
Admin / Write
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]