忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





2011年、「このライトノベルがすごい!」中10位にランクインされる、
『神様のメモ帳』
今をときめく電撃文庫です。

私はアニメとして見ただけで、ラノベの原作は読んでおりません。
よって、ここでは単にアニメ(全13話)の印象だけ。


まず、全体的な印象。

ラノベ原作のアニメには共通して言えることですが、
「絵」は外注となるため、
だれでもとっつきやすいニュートラルな絵となっています。
この点、漫画原作のアニメとは全く異なる。
漫画はストーリーにも絵にも、それぞれの作家の個性が当然出ますが、
ラノベ原作だと、
全く別の作家の作品にも関わらず、同じ原画家さんを使うことにより、
絵はそっくりな物語がいくつも登場することになる。

したがって、『神様のメモ帳』についても、
絵に関して言えば、特に当たり障りのないニュートラルな仕上がり。

そして、ストーリーと言えば、
要は、上部に埋め込んだ番宣通り、ニート探偵のアリスが、
部屋から一歩も出ずに、
世界を検索して事件を解決する、というもの。
この構想は悪くないけれど、具体的にどのように検索しているのか、
については全く描かれず、単にアリスが論理的思考でもって、
事件を解決しているだけに過ぎないような印象です。

また、これも最近顕著な特徴で、
以前も書いたことがあるけれど、
語調によってキャラ色を出そうとする、
安易なキャラ設定もあまりいただけない。
その上、主人公である鳴海も含め、
他のニートの奴ら(厳密にはニートではない)のキャラが薄すぎる。

キャラが濃い、というのは、好き嫌いが別れ、
多かれ少なかれ諸刃の剣である側面も確かにあります。
しかし、それでもなお、キャラが薄い、というのは、
私は「嫌い」よりも弱いと思っています。

このことは、
例えばAKBなどのアイドルについても言えることではないでしょうか。
キャラが立っている人というのが実に少ない。
キャラが明確なのは、
「性格悪い」キャラの前田さんと「キレると怖い」篠田さんくらい。
そのため、48人も理論上必要なんだと感じる。
モー娘が売れてた頃は、それぞれのキャラがもっと明確だった。

ラノベの登場人物に限らず、
色々なところでキャラが薄れていると感じる。

『神様のメモ帳』は構想悪くなかったけれど、
そういう意味では失速し、広がりに欠ける物語。
こちらは渋谷が舞台ですが、
池袋が舞台の『デュラララ!』のほうがより面白いと私は思います。




PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 201  200  199  198  197  196  195  194  193  191  190 
Admin / Write
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]