忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『ストロボエッジ』別冊マーガレットにて連載していました。
先月号で完結しました。

別冊マーガレットには、椎名軽穂先生の『君に届け』、神尾葉子先生の『狼と虎』。
永田正実先生『恋愛カタログ』(完結)→現在は『好きって言わせる方法』
そして、今度、淳平君で映画化される、
河原和音先生の『高校デビュー』(完結)→現在は『青空エール』
などが連載されており、少女漫画雑誌としては、間違い無くトップランナーです。
いくえみ綾先生の作品も不定期に連載。

その中でも、今回は特に咲坂先生の作品について書きたいと思います。
なぜなら、特に神尾先生や永田先生、河原先生はすでに代表作がありますし、
椎名先生は『君に届け』が爆発ヒット中なので。
(ただし、私は正直言って『君に届け』に対してはかなり否定的な立場です)

さて、『ストロボエッジ』は少女漫画の王道を行く高校生の恋愛もので、
細かいところに、咲坂先生の素晴らしい感性を行き渡らせた、傑作漫画です。

主人公は仁菜子という、ちょっと天然でかわいらしい感じの、
誰にでも好かれる、憎めない女の子。
その仁菜子が想いを寄せる、学校でも一番人気の蓮。
しかし、蓮は大学生でモデルの麻由香と付き合っていたー

・・・ほんとにね、咲坂先生って、こう、繊細で心憎い演出を毎回もりこむのよ。
それが、グッとくるというか。
アングルとか、シーンの移り変わりとか、ほんと勉強になるよ。
気持ちが加速すると、それぞれのコマも連動して加速する。

そして、蓮の親友である、拓海が仁菜子を好きになりー
さらに物語は加速していくわけです。

私的に少女漫画に革命を起こした漫画だと思いますが、
どうも世の中は、女子同士の友情みたいのも描いた『君に届け』
のほうが評価が高いようですが。
絶対、『ストロボエッジ』のほうがおすすめ。
蓮君かっこいいし。風早君よりいいよ。
風早君って少しひねくれてるし。
(というのも漫画を続けるために、なかなか爽子と風早君をくっつけなかった。)

『ストロボエッジ』
ほんとうにワンシーン、ワンシーンがすごく、胸を締め付けられる。

久しぶりに胸を締め付けられたくなったら、ぜひ。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 58  57  55  54  53  52  51  50  49  48  47 
Admin / Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]