忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『竜二』ただ1作で、伝説になった男、金子正次。
映画公開からわずか1週間で急逝されました。
「主役」に尋常じゃない執念を持つ金子正次。
本当にね、いつ見ても、この映画は泣きそうになる。
本当の渾身の一作です。

一般的に言われているように、ヤクザ映画としては、
暴力シーン、戦いシーンを伴わない、ヤクザ映画を変えた映画と言われています。
確かにそういう面も評価すべきですが、『竜二』は非常に内面的な映画なんですね。
知的な映画と言ってもいい。
竜二のキャラクターに体現されているのは、
非常に複雑な、しかも単純な、人間像です。
それがもの凄く魅力的なんですね。
また、ショーケンの曲がベストマッチしてるんだ。

『竜二』を見られたら、ぜひ『竜二FOREVER』にて、
『竜二』が作成されたいきさつも見てみて下さい。

もっと『竜二』については言いたいことがあるんですが、
残念ながら、今回はこの映画に関するレビューではなく、
NHKでやっていた、男前列伝、金子正次についてです。

はっきり言って金子正次を中村獅童が語るって全然違うでしょう。
全く、ふざけてますね。
全然、金子正次の語られなかった一面みたいなのは出てこないし、
映画以外の肉声も聞けるわけでもない。
金子正次のファンとしては、がっかりこの上なしです。
中村獅童とかどうでもいいんです。小物過ぎる。
金子正次と違いすぎる。
出が違う。
何がピンポンだ、ふざけんな、って感じです正直。
ピンポンという漫画自体は嫌いではないですけどね。
金子正次さんの執念は尋常じゃない。

せめて、『竜二FOREVER』をやった、
高橋克典に語って欲しかったな〜と思いました。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 60  59  58  57  55  54  53  52  51  50  49 
Admin / Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]