忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1974年。
スティーブ・マックイーン、ポール・ニューマン、フェイ・ダナウェイ、
ウィリアム・ホールデン、フレッド・アステア、ジェニファー・ショーンズ。

キャストは、ご覧の通り、オールスターですね。
傑作パニック映画です。
今でも通用する、アクチュアリティのある映画です。
アカデミー撮影賞受賞。
キャラがかぶっている、ポール・ニューマンとマックイーンが共演した、
非常に珍しい映画。

単純に面白いです。
消防士の生き様を見せられるというか。
まず、この映画を見て想起するのは、9・11のテロでしょう。
この映画のラストシーンで、マックイーン演じるオハラハン隊長が、
いつかこんなビル火災で、1万人死ぬだろうと奇しくも予言したとおり、
9・11が起きました。
しかし、この映画におけるビル火災は、あくまで人災というか、
手抜き工事が原因ですが、9・11の火災は特殊な要因でしたね。

いずれにせよ、この映画を見ると、
高層マンションに住みたくなくなること必至。

ある人が、レビューでこの映画について、
高層ビルの映画にも関わらず、「地に足のついた映画」と語っておられますが、
おっしゃる通り、あくまでリアリスムに依拠していると思います。

アカデミー撮影賞をとっていることからわかるように、
CGなど全く使わず、とても凄いシーンを撮っています。
特撮技術も当然用いているでしょうが、
炎のシーンは手に汗握る緊張感があります。
今の映画にはない、リアルさがあります。

サンフランシスコの新名所138階建てグラスタワー。
そこで行われる落成式。
地元の名士達が、135階でパーティーを始めるが、
81階の倉庫から出火。
きっかけは、建築家であるダン(ニューマン)の言いつけに背き、
経費削減のため、安いプラグで電気系統を整備したため、
過負荷によりショートしてしまったのだ。
はじめはボヤ程度だったのが、重要な日なので、
ダンの忠告を聞かず、パーティーを続けていると、
徐々に火の勢いは増し、事態は深刻化するーー

火災の中に、様々な人間模様、人生を織り込み、
死の恐怖に我先にと、蜘蛛の糸に群れる人のように、自滅の道を突き進む。
まさに聳え立つ地獄。
しかし、炎って凄いね。

ラスト、
もうどうにもならないくらい燃えさかる炎を、
どう消すのか、一か八か決死の作戦が決行されます。
全員死ぬか、犠牲は出るが何人かの生き残りをとるか、二者択一。

少し長い映画ですが、そんなこと感じさせません。

パニック映画をみたくなったらぜひ。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 74  73  72  71  70  69  68  67  66  65  64 
Admin / Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]