忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今期のアニメは、私はほとんど見ていないけれど、
その中で勉強のため二作品見ることにしました。

まず、『神様のメモ帳』
渋谷在住、ニート探偵のアリスが一歩も部屋から出ることなく、
「検索」を武器に事件を解決する。
24のクロエなみのPC能力を持っているから、
とにかくハッキングとアーカイブの検索を駆使し、
それだけですべてを解いていく物語り。
やはりラノベの「電撃文庫」から。

概要を見てみると、面白そうな話だけれど、実はそうでもない。
初回はそこそこ見られたんだけど(一時間拡張版)、
いくつかすんなりとはいっていけない点があるし、
ある意味、ラノベ界、アニメ界、
漫画界の行き詰まりを非常に感じさせる作品。
以下、私的な問題点を三点挙げます。

第一に、アニメの入り方。
これは昨今のラノベ、アニメ、
そして漫画において共通していることだけれど、

どれもこれも主人公による「毎日はつまらないことの繰り返し」
「人生は暇つぶし」的なモノローグから始まる。
そのような繰り返しの日常が、繰り返しでなくなるトリガーとして、
必ず出会いがあるわけだけれど、ある人物と出会って、
引きずられて、不本意ながら非日常に没頭していくーーという、
とてつもなくありふれた展開。
全く新鮮さなし。

確かに、いわゆる「読者的な人間」とは、とりわけラノベにおいて、
誤解を恐れずに言うと、リア充人間は少ないと思われます。
そもそもリア充していたらアニメやラノベ、あるいはゲームという世界へ、
没入していく契機はなかなかない。
だからこそ、こういう出だしなのはわかるが。。。

日本人的独創力の特徴とはしたがって、
リアルに不本意な大多数の人のために、
逃避空間を創造する能力に優れていること。


第二に、主人公アリスの「口癖」
これは古くから使われた手法ですが、あの話し方が私には鼻につく。
ナルトが苦手なのはまさしく彼の「ってばよ」語調なのと同様に、
アリスの話し方が苦手。
ともあれ、他のキャラクターとの差異を際立たせるため、
語調を変えるといのは、とてもよく用いられる手法です。
やはり「電撃文庫」からハイ・ファンタジーの『狼と香辛料』、
ヒロインのホロの口調もしかり。
このキャラ分けはいささか安易すぎないでしょうか。
本当に個性的で魅力的なキャラは、口癖に頼らないはず、
と思う。


第三に、サブキャラの設定が典型的。

なんだこの魅力の全く感じられない、二番煎じ的で薄いキャラ達は。
そもそも主人公の男子高校生は、やはり「電撃文庫」の『デュラララ!』
の帝人そのものじゃないか。
少し群像劇的な要素を借りてきた、薄いキャラたちには、
全く新鮮味を感じられない。

じゃあ見るなよって感じでしょうか。
「新しいもの」を作るためには、
常に文脈を捉えておかないといけないので。
それに私はこの作品全否定ではないです。
面白い要素もチラホラある。
部屋から一歩も出ないで「検索」を武器にするとか。




神様ドォルズ

典型的ロー・ファンタジー。
漫画原作。
ゆえに話は一応ノベルである『神様のメモ帳』のほうが良くできている。

でも、なんて言うんだろう。
これもすごい二番煎じ。

まず田舎の因習みたいのから逃れられない、
血塗られた過去、記憶みたいのから、
すぐに『ひぐらしのなく頃に』を想起。
要はそういう現実世界に「案山子」なる非現実要素を組み込んだ物語り。

案山子はペルソナとか、古くはスタンドみたいなもので、
ちっともこう新しさがない。

逆にこのアニメの利点はOP曲です。
なんかすてきに奇妙な曲なのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上です。

どうも頭打ち観が否めない。
ロー・ファンタジーの場合、現実を舞台とし、
そこに要は魔法とか、今回で言えば「案山子」とか、
「ペルソナ」とか、「デュラハン」とか、「魔法」とか、
そういう異質な要素を盛り込むわけで、
『デュラララ!』の時は非常にうまく各物語が絡み合ったから面白かったけれど、
もうなんか『ハルヒ』を頂点に落ち目というか。
ロー・ファンタジーで出来ることない気がする。

それに対しハイ・ファンタジーは、
一から世界を創造する必要があるので、より高度な想像力が必要なのですが、
こっちの世界にはまだ余地がありそうな気がします。
過去には、というか現在も継続中である、小野不由美の『十二国記』
世界一長い物語り、栗本薫『グイン・サーガ』
両者ともラノベ小説家ではなく、作家ですよね、しっかりとした。

より強靱な想像力に基づいた物語り。

かつては、宮崎駿も自分の作品を映画化していた。
それがいつからか、原作ありきの映画化になり、明らかに面白くなくなった。
本当の作者なら、一から自分だけの世界を創りたいと望むに違いない。
誰か人の作品を映画化するなんて、衰弱ですよ、実際。
全部自分でやりたい、私なら。
『ゲド戦記』はル=グヴィンの天才的なハイ・ファンタジーなのに、
吾朗さんがとてもしょうもない作品にしてしまった。
『アリエッティ』も原作あるし。
なんか吾朗さんもアリエッティの監督さんも、
若いのに優しいおじいさんみたいだなと思う。
もっとギラギラした、若い頃の健さんのような目をしないと。

もちろん、原作ありきの作品を、非常にうまく演出できる、
二次創作の得意な方もいらっしゃいます。
黒澤明監督なんかは両方できる。
『羅生門』なんかは、『藪の中』を混ぜ込んで、
仕上げたその驚くべき好例ですし、
映画監督には本来このタイプが多い。
タルコフスキーの『ソラリス』もそう。
原作も抜群ですが、映画も映画で面白い。


いま必要というか新しいものは、
明らかに強靱な想像力に裏打ちされる、
ハイ・ファンタジーであると私は確信しています。


PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 180  179  178  177  176  175  174  173  172  171  170 
Admin / Write
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]