忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

任天堂の株がガツンと落ちている。

事の発端は3DSの不振と、1万円の値下げ。
市場は1万円の値下げに驚き、業績の先行きを不安視。
敏感に反応した形です。
あの任天堂の株が一時は一万円を割りかけた。

ゲームには学生の頃と違い、いまや興味を完全に失っています。
やってる時間ないし。
でも、この一連の出来事については思うことがあります。

岩田社長は東日本大震災を3ds不振の理由の一つにあげておりますが、
私は全然違うと思います。
いまやこういうプラットフォームはもう衰退期に入ったと思うのです。
確かに、私なんかはもろにファミコン、スーファミ世代で、
発売された時点でその衝撃をもって楽しめた世代なのですが、
今はゲームといえば、そういうハードを必要としない、
スマートフォンのアプリとか、MMORPGとか、そういう風になっていくでしょう。

つまり、ゲームをするためだけのプラットフォームを必要としない。

なので、あのとても儀式的かつ象徴的な、
ファミコンのカセットを吹くような行為はもうおしまいが近い。
ハードをまず買って、色んなカセットを買ってくる、
というような市場はどんどん狭まると思われます。

必ずしも3Dである必要なんて全くない気がする。
3Dなんてほんの子供だまし。
テレビでも3Dとか内容をちゃんと見れない気がするので、
個人的にはこの趨勢を止めて欲しい。

グリーとかがやってるゲームはもろに二次元だし。
それに、いま一番大きなゲーム市場は北米。
日本じゃない。
したがって、日本に入ってこない西欧独自のソフトがたくさんある。
そしてそっちの方でこそ、面白いソフトを作れていたりする。
だから360が伸びている。

こないだ出て話題になった3dsのゼルダ。
あれなんか、任天堂64のソフトの焼き直しだし。
スクエニも、FFあたりをIPhone用に焼き直すばっかりで、
真に新しいものを創ろうとしないというか。

こういう二番煎じ、二次創作、焼き直し傾向は、ゲーム界のみならず、
ありとあらゆるところで昨今目につく気がしてなりません。
それも悪い形で。
イケパラの前田敦子版とか典型例でしょう。
『風の谷のナウシカ』を想像できた宮崎駿はどこへ行ったんだろう。

鉄板とか言って、当たった漫画なんかを原作に、
その場しのぎの二次創作物つくってほころびだらけで、
そんな作品でいいわけない。
そんなのばっかり。

単なる焼き直しではなく換骨奪胎を。
換骨奪胎の好例を挙げるのは難しいですが。
やはりかつての邦画監督達の作品群ではないかな、と思います。


日本のお家芸だったゲームでさえ、
こう意味のないトートロジーをするようでは、
ちょっと厳しくなってきたような気がします。


任天堂さんに戻って言えば、株価が一万を割り込む日も、
そう遠くないと思いました。

逆に言えば、他に割り込むチャンスはたくさんある、
ということです。



PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 182  181  180  179  178  177  176  175  174  173  172 
Admin / Write
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]