忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1986年に公開された本作が、現代版としてリメイクされました。
そこで、私は1986年版について書きます。

ドラえもん映画シリーズでも傑作と名高い。
『ドラえもん、のび太と日本誕生』も面白いけれど、
私のイチオシは、『鉄人兵団』です。

それというのも、本作には永遠のヒロインしずかちゃん以外に、
重要な役として、リルルというサイボーグが出てくる。
みなまで語りませんが、これが泣ける話なんですね。

そして、リメイク版にはあるのかわからないけれど、
リルルのセミヌードシーンが1986年版にはあったのです。
子供ながら、このシーンの印象が強くて何度も見返した記憶があります。

ドラえもんものとしては、典型的な道具、
「お座敷釣り堀」なんかが出てきて、なかなか面白い。

リルルは鉄人兵団側とのび太側の板挟みになり、苦しむ。
最後、リルルはどうなってしまうのか!?

今のドラえもんは、声優さんが、
たまごっち!のキャラ、「うわさっち」と同じ声なので、
なんか凹む。

もっと人間臭かったドラえもんがよかったと思います。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 129  128  127  126  125  124  123  122  121  118  117 
Admin / Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]