忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



20世紀を代表する名ピアニスト、リヒテル。
なんといっても、リヒテルのレパートリーは広いことで知られています。
バッハからプロコウィエフまで、ショスタコーヴィチもやれば、
ベートーベンもモーツァルも。バルトークすら。

とにかくリヒテルのよさはパワフルさです。
他の数々の名ピアニストに比べ、リヒテルほどパワフルな演奏を、
聴かせる人はおりません。

ギレリスもパワフルですが、彼には機械のような正確さが、
鐵の旋律があります。
グールドは、ぴりぴりしてるし、
ミケランジェリは神経質な感じがある。
ルービンシュタインはもっとしっとりしてて、
アルゲリッチはやはり女性的でショパンに冴えた演奏をみせます。

リヒテルのエピソードでこんな話があります。
(ただし、うろ覚えなので、
細部に間違いがあるかと思うのですが・・・)

リヒテルがブラームスか何かを弾いていて、
それを聴いていた友人と、

リ「君は、ブラームスがこの曲を書いた時の天気がわかるかい?」
友「・・・いや、見当もつかないよ・・・」
リ「そうかな?・・・僕は秋の寒い日、雨が降っていた時だと思う」

つまり、リヒテルからすれば、曲を聴けば、
その曲がいかなる時、いかなる状況につくられたものなのか、
するすると解けてしまう。
(はずれてるかもしれませんが、それは重要ではないのです。笑)
彼が曲を語るのではなく、曲が彼に語りかけるから、
かれはそれをそのまま弾いている。みたいな感じなのかな。

たぶん、論理的にリヒテルはそれを曲から演繹しているとみました。

閑話休題。

このアルバムのおすすめは、なんといっても、
バッハの平均律クラウディアから、変ホ短調BMV853。
ユーリー・ノルシュテインの傑作アニメーション映画『話の話』で、
まさにこのリヒテルの名演を使用しています。

必聴盤です。

以下のサイトでノルシュテインも見られますので、ぜひ。FC2動画です。

http://video.fc2.com/content/20100706Hgtb7SVU



PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 107  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97 
Admin / Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]