忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


作画、メビウス。監督はルネ・ラルー。
原作はステファン・ウル。

メビウスは日本にもファンが非常に多い。
宮崎駿や大友克洋、松本大洋などが強い影響を受けた、
BD(バンド・デシネ)の大家です。
特に、『アルザック』は有名。私も持っています。

そのメビウスとルネ・ラルーがタッグを組み、
邦訳が一冊もない、ステファン・ウルのSF小説を題材に撮った、
アニメーション映画。

この映画を借りる前、私はなめていました。
メビウスの絵が、あんまりメビウスっぽくないな〜と思い、
なんかアメコミみたいな感じだと。
それにちょっとB級を感じさせるタイトル。

しかし、出だしのシークエンスを見ただけで、
この映画が傑作なのはすぐにわかりました。このスピード感。
主人公ジャファールの渋いかっこよさ。
なんとなく考えさせられるストーリー。
ユーモラスな描写。
大胆で美しい構図とアイデア。
卓越したカッティング。

かなり面白いアニメーション映画でした。
まさかこれほどとは。

オチはわりとよくあるオチですが、それも心地いい。
この映画を見ると、『アキラ』や『ナウシカ』がいかに、
メビウスの影響を受けたかよくわかる。
そういえば、本来の『ナウシカ』はBDサイズですね。


見ていないので、あれなんですが、
新海誠が新作で、新海節を失ったように思われるのは、
まず第一に彼一流のテーマを失ったように見えるからです。
新海監督のテーマとは、初めから常に「距離と時間」です。
彼はあのテーマによって新海誠であったと思う。
絵によってではなく。
それは明らかでしょう。だって彼は画描きではない。
あくまで『ほしのこえ』もアフターエフェクツ。

それに対し、最近、ユーロ圏を徹底的に見漁って感じるのは、
彼等はまず絵に、明確な個性を持っているということ。
つまりストーリー重視ではなく、形式重視。
だからシュールな作品がいきおい多くなる。

宮崎駿もその息子も、アリエッティの人も、
新海さんの新作も、
残念ながら、どれもこれも日本人の目に慣れ親しんだ、
絵の似通ったセル・アニメーションです。

アニメーションの定義を、
仮に、静止画の連続、とするのなら、
世界のアニメーションの広さには新鮮な驚きを感じます。
厳密には映画でさえ、フィルム時代は1秒24コマの静止画なんですが、、、。

映画を作るためには、絶対にアニメーションを学ぶ必要がある、
と確信しました。

ルネ・ラルーとメビウスの仕事を、
Youtubeではなく、機会があればDVDでぜひ見てみて下さい。


PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 157  156  155  154  153  152  151  150  149  148  147 
Admin / Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]