忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1958年。チェコ。

実は現在、アニメーションをこつこつと制作中なので、
世界各国のアニメーションを見、研究もしています。
その一環として。


安部公房も絶賛したというゼマンの代表作。
原作はジュール・ヴェルヌ。

ゼマンはアニメーション監督として知られていますが、
この映画は厳密にはアニメーション映画ではない。
実写が主体。

チェコの天才シュヴァンクマイエルといい、
なかなか特異な監督なんですよね、ゼマンも。
一応、アニメーションという括りで、
語られやすい監督達なんですが、実写も全然あるし。
生きた人間が、アニメの中に入っているような感じ。
こういうデペイズマンというか、チェコには、
どうもこのコラージュ感覚が、人形文化の影響か、あるらしい。

シュヴァンクマイエルは奇妙でグロテスクな人形や、
動物の剥製を使ったりしますよね。
ゼマンは、特撮が凄い。
特に細部の描写が緻密。
どうやっているんだろう、あの遠近法は。

アニメーションというのは、映画を学ぶのに、
もっとも適した技法です。
とりわけ、絵コンテとカッティングについては、
嫌と言うほど考えさせられます。
どのようにして、静止画を映像にするか。
何枚の絵で動画にしていくか。
といったことを徹底的に考えないといけない。

閑話休題。

今、どっかでゼマン展やってなかったっけ……

あまり見るチャンスはないと思いますが、
機会があればぜひ見てみて下さい。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 156  155  154  153  152  151  150  149  148  147  146 
Admin / Write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]