忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月に入り異常に忙しい日常で、とにかく疲弊していました。
夜遅く帰り、朝も早い。休みもない。
ご飯を食べる暇もあまりなく、そのせいでまた疲れる。
でも、自分の人生としてやらないといけないことがある。
そう思って、寝る間もおしみ、頑張っている今日この頃です。

例年の数十倍はきつい年度末でした。

最近思うことは、自分が苦手なことや人こそ、
自分を成長させてくれる人であるということです。
自分にとって居心地のいい環境はぬるま湯でしかない。
苦手だと思って避けてばかりだと何も成長できない。
そう思って、頑張っています。


さて。
年度末ゆえに、アニメも最終回をむかえたものがいくつか。
まずは、標題の二作についてお話します。


Another。


はっきり言って、物凄く期待ハズレ。
馬鹿みたいな話で、綾辻さんには申し訳ないけど、
アホだなと思いました。
奥さんの小野不由美さんの方が、
小説家として圧倒的に優れている。
こんな子供だましなリアリスムの欠片もないファンタジーで、
一体誰が喜ぶのかと思う。
でも最後まで見ました。ちゃんと。

たとえ架空の話であって、現実離れした要素がある物語であろうと、
それを支えるのは絶対にリアリスムなのです。
『十二国記』とか『魔性の子』とか小野作品を読んだほうがいいと思う。

あと、アニメとして残念だなと思ったのは、
いとうのいぢさんの絵が逆効果。
キャラの描き分けがしっかりできていないし、
誰が誰かわからない。これは基本的なことだと思う。
もっとも「は?」と思ったのは、死者のあの人が、
「え、あの人なのかよ!?」みたいな、
全然同一人物とわからなかったこと。
これは見た人にしかわからないでしょうが、残念過ぎる。
全12話というのも、話を無理につなげた感じと、
無理につづめた感じの両方があり、残念。



あの夏で待ってる

一緒に見ていたNZKさんが、
「これジャンルはなに?」というくらい、
確かにジャンルがよくわからない。

言うなればSFラブ群像劇。
オチはそれなりにつく。
盛り上げ方は変化球だけど、まあ受け入れられる。
谷川さん役の石原夏織さんが好演。
今後の活躍に期待。
もちろん、
檸檬先輩の田村ゆかりさんはいつもの調子で安定感がある。
阿澄さんも心地いい。

なので、中くらいの作品でした。

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 HOME | 249  248  247  246  245  244  243  242  241  240  239 
Admin / Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]