忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先週末ある人から貰って読みました。

1984年の時点で、まるで今の原発事故を見据えたかのような、
とてもアクチュアリティのある話。
ストーリーは『マスター・キートン』などで傑作も多い、勝鹿北星氏らしい。

スリーマイル島の事故が1979年だから、
その事故を受けての、綿密な取材で構想されたストーリーに違いありませんが、
勝鹿さんのストーリー・テラーぶりには脱帽する。

今でこそ、「建屋」とか「水素爆発」とか「冷却水喪失」というフレーズは
一般的に理解されていますが、1984年の時点で、
これほどリアリティのある話を作り上げるとは凄いことです。

とりわけ驚くのは結論というか。

よく練られた政治問題と原発は不可分な関係として語られ、
そのような政治問題と絡み合う限り、
原発を人間の力で制御出来ないのなら、
原発を持つべきではない、という結論。

すなわち、原発それ自体に悪はなく、
扱う人間側に問題があるのだから、
扱わない方がいい、という考え方。

う〜ん。
これは今まさに、知識人達の間で比較的受け入れられている意見では、
ないでしょうか。

まさか84年の時点でこんな強靱な想像力を持つ人がいるとは。
もちろん、こういう想像を可能にしたのは、
博覧強記の勝鹿氏が、綿密な取材と検討を行った結果でしょう。
あとは、強固な論理力で話を構築していけばいい。
すごい。

こういう論理力を持った人物はもういませんね。

残念ながら、ゴルゴ13のような人物も現実にはおらず、
危機は回避できなかった。

今必要なのは、センチメンタリストでもイデアリストでもない。
徹底的なリアリストです。
私はそれになりたいと思う。




PR

2008年より「別冊マーガレット」上で連載されている、
ふじまつ先生による、エイリアン・ギャグ漫画。
現在は好評につき「ザ・マーガレット」でも連載中。

大好きなギャグ漫画です。

けなすつもりは全くないのですが、
本当に単なる思いつきみたいな、
むちゃくちゃなストーリーとナンセンスさ。
とてもゆるいギャグ漫画。

よくこんなわけのわからないギャグ漫画が続いているなあ、
と感嘆。
これはいい意味で言っています。

私は、別マの葉書を送る際、
「今月の面白かった作品」のところに、
必ず「もうかえってくれないかっ」
を三つ選べる中に含めています。

主人公は宇宙人、オ・カーダ。
相棒は、ワタナ・べー。

キャラがいい感じに定まっていて、
ほとんどそのキャラだけで話を進める。
毎回オチなんてなく、行き当たりばったり的な、
思いつきのような話を展開。

ふじまつ先生には「レジ打ちライオン ふわ太君」という、
やっぱりいい意味でやぶれかぶれな作品もあります。

きっとふじまつ先生は、結構、
それなりの貧乏経験がおありだろうと、私は作品から感じます。
その経験者ならでは的な視点、
特に「ふわ太君」のまわりで働いている人達は、
馬鹿げているんだけど、そういう奴いるなあって感じなんですね。
スーパーのうだつのあがらないレジ打ち生活を、
きっと経験されたのでは、と思います。


個人的には、オ・カーダとか、
そういう名前のセンスも好きです。


江古田ちゃんとか好きな方には一回読んで貰いたい。

この素晴らしい、行き当たりばったり漫画を。

よく、別マで続いているなと感心します。






4月1日公開『高校デビュー』実写版の映画が公開。
溝端淳平君が小宮山ヨウ役。
大野いとちゃんが晴菜役
個人的には、真巳ちゃん役の宮澤佐江がとてもしっくりくる。

『高校デビュー』は集英社発刊の別冊マーガレットにて、
2004年から2008年まで連載。
その後、番外編として『遠恋デビュー』が別マSisterに掲載。
そして、映画化記念から2011年4月号の別マ本誌にも載りました。

少年誌といえばジャンプ、もちろん集英社。
少女コミックと言えば、別マが王道。やはり集英社。
別マの5月号は、果たして刊行されるのでしょうか。
それを心配しています。

さて、『高校デビュー』&『遠恋デビュー』は、
典型的なラブコメです。
憎めないヒロイン、晴菜がいつも笑わせてくれます。
ソフトボールでならした、体育会系女子である晴菜は、
イケメンのヨウに恋をし、つきあい始めるというもの。

いわゆる少女漫画のストーリーは、
基本的には「付き合う」ところまでが重要で、
そこで話が9割方終わってしまうものが多い。
恋愛ものというのは、それほど長く話を続けることが出来ないんですね。
それゆえに、私の中では「少女漫画30巻の壁」というものがある。
少女漫画は30巻を越えることが非常に難しいのです。
(例『ラブコン』全17巻、『高校デビュー』は全13巻。
あの長かった『恋愛カタログ』でさえ全34巻でしかない)
それに対し、少年漫画の王道は冒険・バトルものであるため、
成功すると非常に長い話になりがち。

『高校デビュー』は、「付き合う」ところまでよりも、
「付き合ってから」の話が長い物語です。
付き合ってからの、純粋な晴菜の行動が面白いのです。

なんだか、ほっとさせられる良質ラブコメ。
舞台は北海道。

少女漫画家の方って、北海道出身の方多い気がします。
いくえみ稜さんの傑作『POPS』も北海道が舞台で、
ご出身は北海道。
私は無駄に話を引き延ばしたので、
途中からは好きではなくなりましたが『君に届け』の
椎名軽穂さんも北海道出身です。

北海道は少女漫画の生地ですね。

やっぱり、雪って今も昔もロマンチックだからかな。

今月号の別冊マーガレットより、連載開始。
咲坂伊緒先生の最新作です。

今月の別マは充実しています。
ただし、『君に届け』はいい加減終わって欲しいと、
ここ2年、ずっと思っていますが。
あれは、もうやめてほしい。

以下、敬称略させて頂きます。

幸田もも子の『ヒロイン失格』、河原和音『青空エール』
高梨みつば『紅色ヒーロー』、藤村真理『少年少女学級団』
もちろん、ふじまつ『もうかえってくれないかっ』
永田正実『好きって言わせる方法』
神尾葉子『虎と狼』
いずれも、面白かったです。

永田正実先生は、明らかに『恋愛カタログ』よりも今の作品のほうが
おすすめだし、
河原先生は、『先生』『高校デビュー』につづく、
ストレートな青春作品『青空エール』も、こっぱずかしい感じでいいです。
神尾先生は、得意の、まったくすれてない、芯の強い女の子の主人公を軸に、
とても面白いお話です。

そして、咲坂先生の傑作『ストロボエッジ』が終わり、
今回より『アオハライド』開始。

咲坂先生って、ほんと、カットとか、コマ割りが凄いんですね。
勉強になります。
最近のドラマって漫画原作が多いですが、
それというのも、どう撮ったらいいか、わかってるからで、
したがって漫画原作のドラマとは、要は、大して仕事していない、
ということです。

優れた漫画家とは、すなわち優れた演出家です。
優れた監督です。
何をどう描いて、どの角度から表現するか。

少し脱線しますが、いまだに忘れられないのが、
手塚治虫の『火の鳥』の未来編で、手塚漫画に欠かせないロックが、
コンピューターのダニューバーに言われて、恋人と別れるシーンがあるのですが、
そのシーンは、台詞無く、短いカットでつないでるのですが、
名シーンの教科書です。

閑話休題。

別マへの投稿作品に対する、編集者の方々の的確な批評は、
非常に勉強になります。

さて、

アオハライドですが。。

やはり、咲坂節が効いているというか。
非常に面白く、今後の展開が期待されます。
ヒロインがとても日本的で、周りの空気ばかりを読んで、
わざと自分を格下に見せる子で。
男の子は、中学時代の友達だけど、
久しぶりに会ってみると、性格が真逆になっている。

どうなるのでしょうか!

『ストロボエッジ』別冊マーガレットにて連載していました。
先月号で完結しました。

別冊マーガレットには、椎名軽穂先生の『君に届け』、神尾葉子先生の『狼と虎』。
永田正実先生『恋愛カタログ』(完結)→現在は『好きって言わせる方法』
そして、今度、淳平君で映画化される、
河原和音先生の『高校デビュー』(完結)→現在は『青空エール』
などが連載されており、少女漫画雑誌としては、間違い無くトップランナーです。
いくえみ綾先生の作品も不定期に連載。

その中でも、今回は特に咲坂先生の作品について書きたいと思います。
なぜなら、特に神尾先生や永田先生、河原先生はすでに代表作がありますし、
椎名先生は『君に届け』が爆発ヒット中なので。
(ただし、私は正直言って『君に届け』に対してはかなり否定的な立場です)

さて、『ストロボエッジ』は少女漫画の王道を行く高校生の恋愛もので、
細かいところに、咲坂先生の素晴らしい感性を行き渡らせた、傑作漫画です。

主人公は仁菜子という、ちょっと天然でかわいらしい感じの、
誰にでも好かれる、憎めない女の子。
その仁菜子が想いを寄せる、学校でも一番人気の蓮。
しかし、蓮は大学生でモデルの麻由香と付き合っていたー

・・・ほんとにね、咲坂先生って、こう、繊細で心憎い演出を毎回もりこむのよ。
それが、グッとくるというか。
アングルとか、シーンの移り変わりとか、ほんと勉強になるよ。
気持ちが加速すると、それぞれのコマも連動して加速する。

そして、蓮の親友である、拓海が仁菜子を好きになりー
さらに物語は加速していくわけです。

私的に少女漫画に革命を起こした漫画だと思いますが、
どうも世の中は、女子同士の友情みたいのも描いた『君に届け』
のほうが評価が高いようですが。
絶対、『ストロボエッジ』のほうがおすすめ。
蓮君かっこいいし。風早君よりいいよ。
風早君って少しひねくれてるし。
(というのも漫画を続けるために、なかなか爽子と風早君をくっつけなかった。)

『ストロボエッジ』
ほんとうにワンシーン、ワンシーンがすごく、胸を締め付けられる。

久しぶりに胸を締め付けられたくなったら、ぜひ。

 HOME | 1  2 
Admin / Write
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]