忍者ブログ
あらゆる事柄に関するレビューログ。 #kaibaricot
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



現在、実に日本人で結婚するカップルのうち、20組中1組が国際結婚なのです。
そうすると当然、国際離婚も急増。
離婚に付随するのは子供の問題。
子供を引き取る問題も、国際離婚であると複雑になります。
例えば、子供を連れて、勝手に自分の国へ帰ってしまう、
ということが多々起こる。
それを防止するのがハーグ条約です。

多くの先進国が批准しているハーグ条約ですが、
日本は批准しておりません。

ハーグ条約によれば、

加盟国間において親が海外への子供の連れ出しを行った場合には、
誘拐とみなされ、迅速に子供の返還を請求できる。

しがたって、例えば日本人女性が米国人男性と結婚し、
その後離婚し、勝手に子供を連れ、日本へ帰ってしまう。
米国はハーグ条約に加盟しているから、子供の返還を申請しても、
しかし日本は加盟していないから返還できない。

日本がハーグ条約を批准していないことが、
ヨーロッパあたりで結構問題となっているらしい。

そういえば、私の周囲にも国際結婚カップル、意外といます。
結婚する方は離婚することを考えて結婚なんてしませんからね。
ただ、フランスなんかだと、いまでは婚外出産のほうが多いんですよ。
というのも、恋人同士も結婚と同等の権利を受けられるからです。

日本人女性がフランス人男性と結婚して、
別れてしまったら、なかなかフランスに残ろうなんて、思わないと思う。

国際結婚するなら、他国で骨を埋める覚悟でしないといけない。
ハーグ条約批准するしないに関わらず、
幼い子供が、いずれにしてもかわいそうです。

しかし。

私は切に思いますが、

「子供のため」とか言って偽りの結婚生活を続ける夫婦。
そんな時、子供は、仮面夫婦であるということがわかっています。
本当に「子供のため」を思うなら、別れるのが一番いい。
必ずしも二親そろっている必要はないと私は思います。
子供が家族の中でさえ気を遣いながら生きて行くことほど、
子供にとってよくないことはない。


国際結婚には覚悟がいる、ということです。


PR

『竜二』ただ1作で、伝説になった男、金子正次。
映画公開からわずか1週間で急逝されました。
「主役」に尋常じゃない執念を持つ金子正次。
本当にね、いつ見ても、この映画は泣きそうになる。
本当の渾身の一作です。

一般的に言われているように、ヤクザ映画としては、
暴力シーン、戦いシーンを伴わない、ヤクザ映画を変えた映画と言われています。
確かにそういう面も評価すべきですが、『竜二』は非常に内面的な映画なんですね。
知的な映画と言ってもいい。
竜二のキャラクターに体現されているのは、
非常に複雑な、しかも単純な、人間像です。
それがもの凄く魅力的なんですね。
また、ショーケンの曲がベストマッチしてるんだ。

『竜二』を見られたら、ぜひ『竜二FOREVER』にて、
『竜二』が作成されたいきさつも見てみて下さい。

もっと『竜二』については言いたいことがあるんですが、
残念ながら、今回はこの映画に関するレビューではなく、
NHKでやっていた、男前列伝、金子正次についてです。

はっきり言って金子正次を中村獅童が語るって全然違うでしょう。
全く、ふざけてますね。
全然、金子正次の語られなかった一面みたいなのは出てこないし、
映画以外の肉声も聞けるわけでもない。
金子正次のファンとしては、がっかりこの上なしです。
中村獅童とかどうでもいいんです。小物過ぎる。
金子正次と違いすぎる。
出が違う。
何がピンポンだ、ふざけんな、って感じです正直。
ピンポンという漫画自体は嫌いではないですけどね。
金子正次さんの執念は尋常じゃない。

せめて、『竜二FOREVER』をやった、
高橋克典に語って欲しかったな〜と思いました。



最近、私が、最も好きな人は、間違い無く渡辺陽一さんです。
ここに来て急にテレビ番組に多ご出演されるようになりました。

彼を見いだしたのは、千原ジュニアです。
ジュニアの金曜の深夜番組『笑撃ワンフレーズ』に、
渡辺陽一さんが出演するようになってから、さんまさんにも気に入られ出した。

だって、渡辺陽一さん、めちゃくちゃ面白い。
なんなんだろう、この話術は!?
ゆっくりと、しかし淀みなく、確実に発せられる言葉。
独特の区切りと、語っているときの表情と仕草と。

もう彼が話し始めただけで、おかしい。
これはもの凄い語り口です。
殺しの語り口です。

戦場カメラマンという肩書きも、これは真実なんですが、
それも彼のおもしろさに一役買っている。
戦場カメラマンゆえに経験豊富で、様々な経験談が出てくるし、
それを語るときの絶妙すぎる話術。

この人は、明らかに頭がいい。
これだけ噛むこともなく、情景がわかるように、
はっきりとしゃべる人、なかなかいません。

ぜひ、今後の渡辺陽一さんに注目して下さい。
 HOME | 1  2 
Admin / Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 マスターの知人]
[03/08 桐一葉]
[12/03 あみぴろ]
[11/16 あみぴろ]
[10/19 あみぴろ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
海馬浬弧
性別:
女性
自己紹介:
言語学者、哲学者、文学者、サイバネティック学者である、
海馬浬弧による本、映画、アニメ、音楽、その他、
あらゆることに関するレビューログ。
私生活については一切書きません。7カ国語堪能。
独断と偏見に充ち満ちているため、不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、これも現代の歪みの一つだと思って、
どうかお許し下さいませ。
リンクは才能豊かな知人の方々なので、ぜひ。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]